ファッションと仕事

2012/08/21 Tue 01:45



この映画、大好きで、今でも時々見ます。

facebookのピアノの先生たちのコミュニティでファションにも気を配ること!
という話題があって、新鮮でした。

いつもは、そごう、パセーラ周りで洋服をチェックするのですが、久々に
パルコに行ってみました。

やっぱり、パルコ文化は全然変わってなくて、相変わらずすごいおしゃれ。


頭の先から、靴までビシッとそろえたコーディネート。


自分は、シンプルな洋服+アクセサリーorスカーフ(ストール)派で、
人間より洋服が目立ってしまったら野暮だと思っていたので、パルコの
豪華なおしゃれに圧倒されました。


でも、昔みたいに「狂気の沙汰?!」というファッションは減っていて
全体的にかわいく、感じが良くなっている気がします。


でも、野暮だとかいうより前に、とにかく美容、ファッションには常に関心を
持ってないと。


だんだんトシと共に興味の対象が変わる。
その落差を感じさせるのがファションですね。


自分は、ガチガチにキメると窒息しそうになるし、ゆるすぎても
落ち着かない。


ヌケ感と垢抜け感のあるセンスの良いコーディネートがないかと
模索しているこのごろです。


そういえば!


ロイスクレヨンって、ピアノの先生に一番イメージが近いです。

あれ着て出張レッスンとか行くと、マンションでみんなが丁寧に接して
くださるので、洋服のパワーを感じました。
スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示