TVと時間リテラシー

2012/08/08 Wed 01:05

5515914991_bcc2cd7135.jpg


書籍を乱読していてため息をつくのが、正反対の考え方。

たとえば

「現代は情報過多である、情報についてはあまり入れすぎないように」と
書かれているものもあれば

「1分後にはその情報は遅れたものとなる。情報だけは最先端のものにすべき」

どっちだろう、って思う。

筆者それぞれの個性で成功してるのだから正解も間違いもないのだけど。


そんな正反対な本に共通する考えは「TVを見ないほうがいい」というもの。


もともとあまりTVを観る方ではなかったけれど、昨年、ある出来事があって
急にTVを見る習慣がついてしまった。


書籍を読みあさっていると、わりとどの本でもTVは勧めていない。
時間リテラシーの高い人ほど、時間対効果が薄すぎる、というもの。


そのたびにウンウンと納得してしまう自分もいる。



高度情報社会で生き残りたいのであれば、薄っぺらい情報からは離れる
ように、と進める本もあり、総じてTVの視聴を避けるように警告している。



ココ1か月は、思考を停止したいときだけ週1回、「録画したもの」のみ
閲覧している。



スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示