FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

コードで始めるピアノ

2017/12/05 Tue 08:19

今週に入り、寒くなりましたね。

八本松の突き刺すような寒さは、広島市から来ると怖いようでもあり、
懐かしくもあります。

八本松っ子は、寒さに強い人が多く、夏より冬がイイ、という人も多いです。
私も風邪さえひかなければ、頭のスッキリする今の寒さは嫌いではありません。

風景
東広島市八本松町のピアノ教室です。


記事に保育士さんネタが多いせいか、教室に来られている方が
保育士さん志望、お母さまたちが現役保育士さん、って方が多くなりました。

見渡すと、

「殆どが保育士さん状態!?」


になってます。

短大・保育課科のピアノレッスンの教科書を見ても、少しだけコードが導入されているので、
現場で必須だということがわかります。


コードを使ったピアノレッスンは保育士さん志望の方はもとより、
両手の音符を同時に読むことが困難な子にも導入しています。


・・・ということは、初めてピアノを習われる大人の方にも適している、という
ことですね。

コードピアノ

世の中にはコードの本って、たくさん出ていますが、
急にレベルが上がるものがあります。


また、ある程度ピアノが弾ける人向け、という物が多く、
初級のテキスト向きのものがなかなか見つからないのです。


この本は、シンプルで伴奏形態についてもあまり細かい指定はされて
いません。(2ビートで弾いてみましょう。4ビートで弾いてみましょう、など)


そして、ピアノは全く初めて!という方にも右手の読み方が少しわかるように
なると、和音付きで曲になるのが良いですね。


また、保育唱歌や童謡がベースになっているので、お仕事に早速使えるものも
ありそうです。



高校3年でピアノを弾くのが習い始め、バイエルを
卒業した母が、

「バイエルがやっと弾けるレベルでは幼稚園で「アイアイ』を教えながら弾くのは
無理だった~。すぐに使えることを教えてくれないと困る。」


とよく言ってたので、それもそうだ、ということで、

「どうすれば、保育園ですぐに使えるか?」

ということを考えながら、レッスンを組み立てていきたいと思います。

応用編として、基本のコードがわかるようになったら、今度は自分でコードを
付けることができるようにしていきたい、と考えています。


とはいえ、ピアノを全く触ったこともない方が、いきなり3つの音を揃えて
鳴らす、ということは困難なので、少し別のテキストで指をピアノに、指が
3つ同時に立てられるようになってから、入ります。


現在、保育士さんで、ピアノでお困りの方もレッスンで改善できて
苦手を克服するお手伝いができたら良いな、と思います。

*************

レッスンのお問合せを頂きました。

広島市から通っているため、現在は月に2回、又は3回の
レッスンを行っております。

❶中学生以上〜大人と方は月2回

❷幼稚園〜小学生 月3回

で行なっています。

❶、❷共に1つか2つくらいの空きです。
遅い時間帯遅い時間帯が埋まってしまうため、
13時~15時過ぎに来れる方が希望です。

ホームページかこちらのフォームよりお問合せ下さい。



スポンサーサイト
教材 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。