10月は文化祭や学習発表会があるので、ピアノを習っている
子たちはハレのステージで活躍しているようです。

合唱の伴奏のレッスンも、状況によってはお受けすることもあるし、
本人任せにすることもあります。


でも、せっかくピアノを習っているのだから、ハレの日に積極的に
応募してくれるといいな、と思ってます。



そして、良いコトあったら、ぜひ報告してくださいね。

ジミな講師業としては、成績が上がったり、伴奏に出たり、受賞を聞くのが
とても励みになります♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


文化祭終了した中学生のお母さまよりご報告いただきました。

                ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

本日、中学校の文化祭が無事終わりました。

夏休み前に伴奏をやりたいと言い出したときは
驚きましたが、中学生になって心境の変化も
あったのか、積極性がでてきたのは、
ピアノや合唱部のおかげだと感じています。

先日の三者懇談では、厳しくて有名な担任から、

「夏休み明けでここまで伴奏を仕上げてきた子は
僕が今まで担任をもった中で初めてです!」

とお褒めの言葉もいただきました。

そんな中、今日の文化祭でベストピアニスト賞を
いただくことができました。


技術面では遠く及ばずだったとおもいますが、
誰よりも楽しそうに伴奏していました。

一緒に歌いながら伴奏していたのはNだけでした(^_^;)

今回の伴奏経験は、Nをひとまわりもふたまわりも
成長させてくれました。

ベストピアニスト賞

         ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪



生徒さんが褒められると、私もうれしいです。



これは夏休みに入ってから、先生の方から

「この曲、演奏する人がいないので、お願いします。」

と、渡された曲でしたが、現在進行中のテキストと比べるとかなり
難易度高め。

「時間は短いし、夏休みをすべて、伴奏にかけないとできないかも」

と思いましたが、本人はやる気があったので、小節数から1週間の
課題を割って、それでできるかどうか様子を見ることに。

部活も超ハードで、ピアノの練習などしているヒマはなさそうでした。


毎週、小節数をきちんとこなしてゆくことで、夏休みが終わるころには
ザックリ仕上がって一安心。やればできるんじゃないの。


「やりたい!」と思うのは、実現できる可能性があるってことなんですよね。

難しめのことでも、どんどんチャレンジしていって

「私ってもしかして、すごい?!」

と思えることを、どんどん集めていってほしいと思います。




スポンサーサイト
生徒さんの声 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示