ヘンなタイトルでごめんなさい。


レッスンではピアノを弾くこと以外に、歌の時間や新曲視唱、ときには
ワークブックなるものを一緒にやることがあるのです。


そういったとき、生徒さんの側から距離を決めるのですが、子どもによっては
ピターーッとくっついてくるコ、っていうのがときどきいます。


中には、ひざの上に乗らんばかりの勢いでのめってくる子もいて

「ち・・・近い・・・」


と思うのですが。(;^ω^)


これは、ウチだけに限ったことではなく、知り合いに学童の先生を
されている方も仰ってました。


その方は年配で、心は優しいんだけど、見た目コワモテなタイプ(失礼)。


コワモテな人だと結構怖がって近づかないものだけど、それでもピッタリ
密着状態の子がいるらしい。


大体、超密着してくる子はご両親ともフルタイムでバリキャリだったりする。


お母さんがパートの場合、子供は安定して、ちょうど良い距離を保てるのだけど、
パートでもフルタイムに近いパートだとやっぱり子供は不安定。

「さみしいんでしょうね~」


というのが私たちの意見。


本人が自覚がないだけで、無表情で寂しそうな子たちを見ていると、なんだか
心がギュッとしめつけられます。


このまま思春期に達したら、どうなるんだろう?


発達に障害が出たり、性格が偏ったり、異性に過度に依存しすぎて良好な
人間関係を作れなくなったりするのではないか、とか心配になってしまいます。


学童保育。

合っている子と合っていない子がいるような気がします。
週1回30分のお付き合いですが、私は子どもの様子にはわりと敏感なタチなので思うんですが。


合っていないコは、学童に生きだした途端、急に乱暴になって、
「人を殺してやりたい」
みたいなことを毎週言ってて、ピアノも練習しなくなります。


で、最近おとなしくなって安定したなぁ~、と思うと実はお母さんの仕事が早く
終わるようになり、学童に行かなくなっていた、とか。


またほかの子の場合、明るくおしゃべりだったのに、学童に生き始めてから急に
疲れやすく、涙もろくなり、笑顔も消えて神経質になっている姿もみかけます。



親は子供のために教育費をしっかり稼がなきゃ、女性も自立しなきゃって
頑張っておられるわけで、私も当然口出しはできないんです。


両親の働きがあるから、おけいこ事にもたくさん行けるし、週末には家族で
旅行だって行ける。


もちろん、子供たちも「両親が帰宅が遅くて寂しい」
なんて言いません。



女性の自立問題って本当に難しいと思います。


本当に家計が苦しくて、働くことを余儀なくさてる場合もあるし、
専業主婦になれる立場であっても働いてないと落ち着かないという人、
もともとキャリアに関心が高い人、
将来何があるから働いておかねば、
子供と向き合いすぎると育児ノイローゼになる、などなど・・・

という知人もいましたし、何が正解っていうのもないと思います。


仕事って放っておくとだんだん増えてくるんですよね。


よっぽど儲かってない企業とか、出来の悪い働きをしてくれば減ることも
あるけど、ふつうにできたり優秀だったりすると、お声がかかる。



認めてもらえると嬉しいし、お給料にも反映されるからつい引き受けて
しまう、っていう部分もある。お仕事って、たのしいんですよね。



でも、小さな子がいる場合はやっぱり考えモノ☆


仕事に没頭するあまり、現状が見えなくなるのも危険なのでは?
と思うこの頃です。


今から女性の働きってもっと大きくなりそうだし、仕事&おうちのことの
両立がもっと楽になる方法が確立するといいですね☆




スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示