スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おうちでも練習

2016/02/09 Tue 01:10

最近思うのだけど、ホント、生徒さんたち練習しないな~と思うことが多くなり、
個人的にメールを送らせていただくこともあります。


私が子供のときは、お母さん達っていうのはまだ専業主婦が多くて、子供と向き合うことも
多かったと思う。

私も3年生くらいまでは母と激バトル飛ばし合いながら、ピアノ練習をしていました。


母も自分が弾けないことは棚に上げて?でも、必死で教えていたんですよね~


そのときは「もう、お母さんなんかキライ!」みたいな感じでしたが、それがあるから
私も今があるのだと感謝しています。


私は今、子供たちと週30分しか接していないので、おうちでの事情をきっちり見たわけでもないので
なんとも言えないのですが、


「私は私。アナタはアナタ。私は忙しいんだから、アナタ、自分の責任でピアノを練習して。」

って、放ってしまっていないでしょうか?

そういうことを書くと「先生、もっと怒ってください。」

という声が聞こえてきそうなのですが。

さらには、

「うまくならなくてもいいんです。とにかく通わせておきたい。」

というケース。


いかに、お母さんたちが忙しいかは分かります。

お仕事して、帰ったらごはん作って、朝起きたら、お弁当作って、洗濯干して、出勤。..
週末には病院やら連れて行って、自分の時間なんて、ない。

もう、自分のことは自分でやってちょうだい!と叫びたくる気持ちもわかる。

どんなにか大変だろうと。


なので、私も「毎日練習を見てあげてくださいね」とは言いにくいところもあるのですが、
同じ仕事時間で多忙でも、子供と向き合う時間をもっておられる方はいるんですよね。


それで、放ったらかしで本人任せの場合、上達がくらべものにならないんです。

そこで、あえてきつく言うなら、

通っているだけじゃ~、ピアノは弾けません!

と言いたいです。


ご両親も忙しいでしょう。家事がたまっているかもしれない。
週末は社交やレジャーだってある。


それでも、きっと、だら~っとする時間時だってないわけではない、と思うのです。


もちろん、ダラ~っと息抜きする時間があってもいいのですが、


「土曜日の午後30分は子供とおんぷカードをする」とか、時間を決めて気軽に
取り組んでみられるのはいかがでしょうか?



おんぷカードで一緒に遊んでいれば、お父さんやお母さんたちも自然に
楽譜が読めるようになってきます。

「それさえもやってられないわっ」

ていう場合、おうちでクラシック音楽かけっぱなしにしてみましょう。

今はYouTubeだけでなく、itunesや無料で視聴できる音楽がたくさんあります。
子供向けの音楽じゃなくってもいいです。


個人的な主観で恐縮ですが、子供のためを思うなら、ロックや演歌・・・は、
あまり推奨しないかもしれません。


脳にインプットするのに、「負のオーラ」のあるものは避けたい、と思うので、
クオリティーが高く、健全なものを選んでいただければ良いか、と考えます。
(あくまで個人的な考えです)


ジャズ関しては、私自身が大量にジャズやボサノバ聴いているので、思うのですが、
ボサノバは日常的に聴いてもまぁまぁOKで、ジャズは「嗜好品」でいいかな、とも考えています。


POPSなど商業音楽も同様で。



家庭で音楽を聴くこともなく、練習もせず、本人も関心があまりなく、
というのでは


「昔、ピアノを習ったこともある、という思い出がある。」

だけで終わってしまうかも。
無意味とは言いませんが・・・



少しだけのご家庭での努力が、何倍もリターンになるので、本当におススメいたします。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。