スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

遊びのように音楽をする

2015/03/15 Sun 01:14


今年の体験レッスンで「音楽を楽しませたい」という声が多く聞かれました。


また昨年、「難しいことはしたくない」といって辞めかけたお子さんがいて、
「型通りのレッスンでなくても良いんで楽しませてやってほしい」というご要望も。


そして、少しレベルも下げ、型からはずして現在まで、かなり自由な形態で
レッスンを行っています。

この「型からはずして」というのは、言うのはカンタンだけど意外にも難しく、
「一体いつになったら軌道に乗るのだろう」と不安もよぎることがあります。


でも見事に軌道に乗り、本人が進んで練習するようになったときには、
言葉にできない感動と達成感があります。



自分がクラシックピアノを習っているときは、「まじめ一徹」で練習をしていて、そこに
「遊び」「楽しみ」がなかったように思います。(そしてそんなにマジメでもなかった)


それが今では「遊び」「娯楽」のような関わり方に変わっているので、子供たちを始め、
レッスンに来て下さる皆さんが「楽しみ」として音楽とかかわって下さったら。




実際にはテキストを広げて、楽譜の読み方を教えている、っていうのが実情ですけどネ。


「もう少し遊びの要素を取り入れられないかな」というのが今後のマイ・テーマ。


嫌々楽譜を読むのではなく、

「こんなかっこいい曲を弾きたいから、楽譜が読めるようになりたい!!!」
というモチベーションになればしめたモノ。


しかし、従来のレッスンの発想とは逆なので、実現するために無い頭をヒネる毎日。

                 ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


今週のレッスン、早めに来た子たちに、こんな動画を見せたりして一緒に楽しみました。

*ねこの手も借りたいオーケストラ⇒

どの子も真剣に最後まで見ていて、声をかけても全然返事もない。(笑)




*当教室では、新規の生徒さんの募集はいったん停止しています。
空きが出次第、ブログにてお知らせいたします。


ご訪問ありがとうございます。


スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。