発表の場について考える

2014/12/22 Mon 01:44

DSC00966.jpg

来年度の発表の場は、ピティナ・ピアノ・ステップに参加することに決めて、
選曲を行っています。


サタケメモリアルホールでピアノを弾ける機会は稀で、当教室では、このホールで
発表会を主催するのは難しいので、できるだけこの機会に参加して欲しい、と思っているんです。


もちろん、ピアノは世界的にも名高いスタンウェイです。



なかなか触れることができない代物なので、ぜひその美しい音色を体感して頂きたい!



でも、「ホールが大きいからイヤ」とか「値段が高い」「あまり練習しないから」という理由で
辞退があるため、少し憂慮しています。


私としても、ノルマがあるわけではないので、「この子は大ステージにでても大丈夫」と
思った場合にのみ、声をかけさせて頂いてて、ムリめな場合はお声掛けしていません。



今までバスティン研究会東広島でスタンプラリーというイベントに参加してきましたが、
こちらがあまりにも¥1000~1500と、参加しやすい金額だったせいか・・・



これが標準になってしまっては困る!Σ(´□`;)



生垣のディスプレイ

特に「値段が高いから出ない」という部分では、教室主催の発表会になった場合、値段だけで
辞退されると発表会が開けなくなってしまうので・・・


11月にスタンプラリーが企画されていて参加も考えていたのですが、その参加を見合わせる、
ということも検討しています。


クリスマス用鉢

自宅での練習や、教室でのレッスンはもちろん大切です。

でも、発表の場は、一番重要なシーンです。


そこで、大ホールでの演奏を、「高いからお金のムダ、安かったら参加する」と切り捨てて
しまわず、目標に向かってモチベーションをアップする、など、上手に利用して頂きたいと思います。


私も、かつては家計を預かる主婦だったので、お金の大切さやお子様を持たれる
主婦の方の1000円に対する思いは痛烈に分かります。(笑)


特に旦那様がおられる場合、


「自分でお金の流れを決められない」


というのが、特にツライところ・・・


すみません、話がそれました・・・


ただ、ピアノを含む楽器のレッスンは、楽器代、発表会費、衣装代など他のおけいこ事に
比べてお金がかかるものだ、ということは多少考えて頂きたい、と思っています。


発表の場が決まった場合はなるべく早く告知させて頂こうと思っています。


なので、いきなり¥5000~7000はきつくても「毎月1000円ずつ積み立て」という
ふうにすれば、気分もラクではありませんか?


ドレスも昔に比べると、すっごくお手ごろな値段で入手できるようになりましたしね☆




スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示