古いエレクトーンの使い道

2014/12/11 Thu 01:16

エレクトーン

こないだ同級生から電話があって、仕事の話になったら開口一発、

「エレクトーンの先生って、ブームが去ったんじゃない?友達のエレクトーンの先生は
失業して、家庭教師になったよ。」

と言われた。


そお?(o・ω・o)?


新しいエレクトーンだけがすべてだと思うと、そりゃブームが去ったともいえるけど、
過去のエレクトーンも上手に使いまわせば、立派な武器になるんですよね。


機種が変わったらどんどん買い換えるっていうシステムはメーカーの販売戦略だし、
そんなことばっかりやってたら、楽器貧乏になってしまって、講師をやる楽しさが減ってしまう。


東京 Jazzなどの大ステージでときどき電子オルガンが出てくるけど、一瞬、

「どこの製品?いつの?」

っていうくらい古い(*^m^*)

そしてステージで使われるオルガンの音が最高にかっこいいので、
「新しい機種じゃないと」
なんてあまり思わないです。


あの足鍵盤を軽快に弾いている足さばきも独特でかっこ良いですよね。
(・・・と勝手に思っている)


ちなみにウチのエレクトーンも、同じようなかっこいいオルガン音が出るので、すっごい
気に入っています♫


でも、うちに来る子供たちはみんなエレクトーンにすっごい興味を持ってて、弾きたがるし、
ちょっと弾かせると、サプライズ効果があるみたいでとっても嬉しそうにしてくれています。


今は小さな子供が集中力が切れたときの気分転換に使ったり、ピアノの難しい楽譜を
追うのはイヤといって匙を投げたコ、曲のイメージがオーケストラっぽいとき、連弾etc・・・

そんなときに弾いてもらっています。


あとは、お歌の時間にピアノでは弾きにくい2Beatや8Beatスタイルの場合、足鍵盤が
ついているエレクトーンのほうが断然弾きやすいので,ときどきこちらで演奏すると喜ばれます。


今の季節でいうと「あわてんぼうのサンタクロース」「赤鼻のトナカイ」など、ポップな感じが
出しやすくて、これもピアノにはない魅力です。


今は、ネットで10万以下など、昔、高価だったエレクトーンが安く手に入る時代。


ピアノと両方お持ち頂いてもいいんじゃないかな?と思います。

"Fly Me To The Moon"、ピアノで弾くとけっこう至難の業ですが、エレクトーンで弾くと
そんなに難しくなさそうでしょ?実際、あんまり難しくないです。




同じフレーズでも音色を替えれば、マンネリした感じもないですし、休日のまったりした午後、
ホームパーティーなどでサラッと弾いてみるのも・・・かっこよくないですか?

こちらはMisty★

機種古いけど、これだけ弾けたら充分じゃないですか?



これくらい弾ければ近所迷惑なんてこともないですしね。


J-popを始め、洋楽ラテン、スイング、マーチ、レゲエからバウンスなど様々な
リズムと音色がありますよ。(๑◕∀◕๑)

「アナと雪の女王」ステージアバージョン






おうちで古いエレクトーンが遊んでいるのであれば、それは立派な道具です。
古いからと言ってあきらめないで、新しい趣味として取り入れてみられてはいかがでしょうか。




スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示