好きな曲だけでレッスン *

2014/10/09 Thu 01:57

DSC00845.jpg


「難しいテキストはもう弾きたくない」

ということで、そろそろ限界に来た子がいます。


毎回難しい所に来ると、癇癪を起すので、もう「限界なのかなー」とは思っていました。


それで、「辞める」、というテもあるのですが1から教え込んでここまで楽譜が読めるように
なっているのでパッと捨ててしまうのは、ちょっともったいない気もします。


それにほぼ全員にスケールとカデンツ(主要三和音+5度の和音)を必ずやっているのですが
この1年でC、F、G、Am、Emが自由に弾けるようになった子は一握り。


本人もピアノが嫌いなんじゃんくて、テキスト通りに弾くのがイヤなだけ。



                         t00800127_0080012711902399274_20141009084350da8.gif



このコもそのうちの一人に入っているし、バスティンのプレリーディングなど、
移調しながら知っている曲に伴奏付けで弾くのはけっこう喜んでやっているんです。


お母様からも

「ワガママだとは思うんですけど、好きな曲だけを弾く」っていうことはできないですか?」

とご相談がありました。



個人的には、もう少し譜面が読めたり基礎を積んでから、と思ったのですが、本人が忍耐の
限界みたいなので、カデンツやコードを使って好きな曲からアプローチする方法に切り替えよう・・・

テキスト通りに弾けないから、「ピアノなんてつまらない」


なんていう思いで、辞められるってちょっと私としても違和感ある。


                ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

型通りのことだけやるの、なんか苦手、って私も気持ちは分かる。

自分の独創性のあるキャラを発揮するのはこれからじゃないのかな。

「型通りのことができない人ははい、さようなら」、だったら昔のクラシックの先生たちと
一緒じゃない?


私には、私にしかできないやり方を作ってもいいんじゃないかな。

                  ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪



保護者の方のご理解があれば、テキスト通りではなく、色んな形で本人が楽しめる
方法でやっていきたいと思います。


歌本をめくってよく見てみると、カンタンな伴奏付けで弾ける曲って意外にたくさんありますし、
そういうレッスン法は、難しいけど案外楽しいしだろうしね☆


              o0300010911818443870_20141009083758ec2.gif






私はジャズが好きなので色んなライブに行ったり、バンドに参加してみてるんですが、

「楽譜が読めないミュージシャンも意外と多い」
「型通りのことができないけど、演奏している人も意外に多い」

ことに気づきました。

それでも、楽譜読める人以上に演奏できていたりする。

そういう自分の経験も生かせていけたら、と思います。

スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示