月末にバスティン・スタンプラリーのため、皆、暗譜に追われているところ。

暗譜のあとは表情をつけた演奏ができるといいな~


吹奏楽部が楽しすぎて、そのノリでクラシックを弾くので、おかしなソナチネが
出来上がっちゃうB実ちゃん。

まぁ、人のことは言えない私☆


先日、ブラバンの練習にて演歌を練習したあとジャズをやったら「演歌をひきずっている」
と言われたような記憶アリ。



先週、「YouTubeで人の演奏を少し研究してきてね」と言ったはずが、全然聞いていないので、
試に子供バージョン1曲⇒と大人バージョンを1曲聴かせてみた。


子供ピアノは、テンポは遅いけど、表情のある演奏だったため、本人は嫉妬するやら
面白くないわでメラメラして、素直に聴けない様子(*^m^*) ぷっ。

「大人の演奏だったら素直に聴けるのに!」

と、怒っていたけど、

「そりゃ~、大人だったらできて当たり前よね」

という逃げ道ができるので。


本人がこの後、どのように改善してきてくれるかは分かりませんが、たまにこういう
あおり方もありかな。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示