情熱のラテン☆

2014/06/22 Sun 01:05

赤いバラを頂きました。同じ庭バラでも我が家の庭バラと違って、形が見事に整っております。
こんな形の良いものなら、赤もイイな、植えてみようかな。

DSC00670.jpg



バンドの練習で難しかったアフロキューバンジャズをやっておかねば。

情熱のラテンピアノ、初挑戦ですが、難しい。


でも、いつかはミシェル・カミロのラテンピアノを弾いてみたいのでマジメにやろう。
そんなときが来るのだろうか、という問題もある。


バッキングの刻みが細かいので、電子ピアノがガタガタ揺れるので安定して弾けないと
いう環境的な問題もあるけど、アコースティックだと鍵盤が重くなるのでどのみち力仕事☆


体力つけないと・・・

                              iiiiii_20140317114221dd5.gif
                        

「手がヒマなときも、安心しちゃダメです、ずっとリズムに乗りつづけないと」
「そのアクセントは短く切る、という意味です。軽く弾いて」


と、ムードメーカーのYab君に言われる。
(ムード満点ってことじゃありません、念のため)


ビッグバンド長く?やってる人は、みんな先輩だぁ~うまい指導をするものだなー、
と言われるとおりにしてみたら、なんとなくノれてきたようなズレたような。


ちなみに、Tpの班長さんで臨時のコンマスをされるoiwaさんも、鋭いご指摘だし、出来ない
所は徹底的に指導されてます。


ちなみにコンマスのFururunさんは、最近甘め。


トロンボーンとお揃いのバッキングのときに、思わずそっちに合わせそうになるんだけど、
音の立ち上がりが遅い楽器なんで合わせたら遅れる、ってききました。


プッ、って吹いたら、プッと鳴るのだと思ってたので、初めて知りました。


楽器もいろいろで、勉強になる~というかエレクトーンをしてた20前後の頃に
ビッグバンドやっとけばよかったって思いマス。


                     

スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示