スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

採譜の達人

2012/06/17 Sun 01:52

justFunky.jpg

「思ったより楽譜はたくさん存在していない」と思うことがあります。
「好きな曲があればあるほど、楽譜は自分で作れなければいけない」です。


なぜなら楽譜は売れなければいけないので、当然、売れる曲ばかりが
アレンジを変えて出てきています。


音楽が好きな人ほど流行りものや人気のある曲に関心が薄くなるので
演奏したい曲は「全部楽譜がない」という状態になります。


アマチュアバンドほどみな楽譜が読めない、書けないのに、50小節くらいの
「細かいソロを完コピしているので、神業の聴音力に脱帽してしまいます。
ですが、楽譜から入ってきた人にとっては楽譜が存在しない場合、「自分で聴き取り、
楽譜に興す」という作業が必要になります。


集中力が必要なこの作業では、時間がかかるほどギブアップしやすいので
速く聴き取ることが重要です。

子供達は見た目きれいにていねいに音符を書こうとしてくれます。

私はきれいじゃなくていいので、速さ重視で書くことを勧めるのですが、
「おおまかでいい」というと、親子ともどもびっくりされてしまいます。


余談ですが、私は50小節もコピーしていたら、ストレスで過労死するので
曲数の多いライブのときは一部業者さんにお願いすることがあります。
            ↓  ↓  ↓
http://www.windssheetmusic.com/

そこは数ヶ月待ちですが、「ソロ部右手のみ32小節、¥5,000」という形で受けて
くれます。本当に正確な仕上げです。


スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。