スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

民族音楽モード

2014/05/23 Fri 01:19

5月は皆、運動会の練習でお疲れ気味なのか、ピアノには集中できないので、
運動会が終わってくれるとホッとする。


ちょっと意外だったのは、お子たちはみんな★ソーラン節★が大好き。


毎年学年が入れ替わるたびに、誰かがウチでソーラン節を踊っている。

なかなかうまいもんじゃないの。
やっぱり、日本人だね
                         

                          ちょうちょ


さて、私自身の今週の課題は、バンドでアフロ・キューバンジャズのla suerte de los tontos⇒


楽譜をもらったときは、6/8となっていて、見た目「楽勝?」と思い、デモ音源を
ちゃんと聴いていなかった。


「夏のお祭りで演奏したい」

と、いうことで練習になったのだけど合奏してみると、大・混・乱☆


え?このカンタンそうな楽譜、合奏するとリズムが全然合わないじゃん。



曲が頭に入っていない私はともかく、デモ音源をよく聴いている人たちも大コケ☆
みんなが練習でこんなにコケているのは初めて見ました。


トロンボーンの、ぷうぅぅ~~~ぷ~~というシまらない音が
あちこちから聞こえる(*^m^*)


暑いときに焼肉hiyo_cock.gif

みたいなムサ苦しさもあるけれど、真夏のギラギラ感にぴったりのハデな音使いが
新鮮だし、元気が出る気がする。


夏祭りにピッタリぃぃ~~ヽ( ´ ▽ ` )ノ    ⇒でも私は夏に弱い

            o0300010911818443870_20140520185844bfb.gif



本当はソーラン節のほうが得意な民族がラテン。

リズムに乗りきれないけど大丈夫かな



スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。