ティーンのレッスン ++

2014/05/17 Sat 01:17

フリンジ咲きハウステンボス&桜+つつじ


今年に入ってから高学年の入会が相次ぎ、小さかったはずのお子たちが進学し
成長していたため、高校生を筆頭に大きな子が増えています。

高1、中3、中1、中学生予備軍が数人etc・・・


もう「子」・・・ではないなぁ。
「娘」っていうのかな。


みなさん、部活のため、レッスンも夜遅くなりがちなのですが、
小学校高学年、中学生、高校生とレッスンするのは、とても楽しいです。


ネイルやヘアスタイルやのこだわりなどオシャレへの関心度も高くなり、
情報交換をすることが多くなります。(*^m^*)


またバイトやスポーツ、流行の本など世間話をすることもあります。


ちびっコを躾るたようにガリガリと鍛える必要もないし、夜は遅いけど
ストレスは殆どなく、「なんか楽しー」って、ホッとする時間でもあります。


5年前、細々とレッスンを始めたときは「大人の方と気軽なレッスンをできればいいな~」
という気持ちがあり、実際に年配の方のレッスンを行っていました。


ヤマハで講師をしていたとき、子供相手の「真剣なレッスン」に少し疲れていたのかも。


でも結局、子供のお問い合わせの多さに圧倒されて、自然に子供レッスンに移行したのですが、
大きくなってくると当初思い描いていた理想に近づきつつある気がする。

急がば回れ?


                   バナー


そんな話をしていると、

「ピアノの先生が雑談?!」

って、親御さんたちにすごくびっくりされることが多いです。

ピアノの先生っていうのは、上下関係をキチンと決められていて、
厳しい態度で接しておられるのが一般的。



(うちの教室にも、大人に敬意を払うことができず、ナメた態度や物言いをする子が
多いので、厳しくしつけることは重要だと考えています。)


ただ、私が師事した先生はフレンドリーで、うまく力が抜けていて、ファンの多い人望のある方
ばかりだったので・・・


それがふつうだったし、私も結局、そんなにコロッとキャラを変えられるものでもないし、
自然と以前の先生たちを模倣しています。



中高生くらいになると、少し落ち着いてきて基本的な礼儀作法をわきまえることが
できるようになるんだーということが分かったので、もう少しの辛抱かな、と思っています。


今日は(も!)文章がまとまらず、ごめんなさい。


                                  iiiiii_20140317114221dd5.gif

昨日も、お問い合わせのお電話を頂きました。

「まだ募集はされていますか?」

と聞かれたので、

「はい、しております」

と答えたら、とてもびっくりされていました。(笑)
きちんと書いていなくて、すみません。

現在、水~土曜日まで行っていますが、平日に希望の方が多く、15:00~夜は埋まり気味です。


様子を見ながら、日にちを増やすことも考えていますが、今の所、平日は若干開けることも
可能ですので、メールフォームまたはお電話でお気軽にお問合せください。

 
電話090-9460-7100





スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示