スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カンタンそうで難しい*

2014/05/13 Tue 01:08

もともと、私は東広島のWNOというビッグバンドの入る予定だったので、
見学に行ったのですが、ちょうどそのときに、大学生が弾きに来ていて、その方で決まったのです。


ご用済みになるところだったのですが、WNOのドラムのお父さんが、SAバンドに欠員が
あるということでご紹介下さり、もうすぐ1年くらいになろうとしています。


WNOドラムの方と久しぶりにお会いして、「SAは、アレンジも凝った難しい楽曲を
やっているから勉強になるでしょう?」


と仰っていました。


スタンダードなど有名な曲を避けているせいか?課題にされる曲は、殆どが知らない曲です。
「こんな曲もあったんだ」というものが多く、ホントに勉強になります。

                      芽が出た


ところで。



モーツァルトのソナタを初見でほぼ弾けるのですが、

DSC00529.jpg


ビッグバンドアレンジでは、パッと見、カンタンそうなのに

DSC00528.jpg

弾けども弾けども上達しない。



こんなカンタンそうな楽譜が難しいんだろ~と思って、そんな研究を夜な夜なしている
この頃であります。


例えば変ホ長調(E♭)の曲など、4つ♭があります。それじたいは別に難しい音階ではないのですが、
4つの♭をベースに♯やナチュラルなどの臨時記号がつきまくり。


単音であれば、それでも大丈夫なのですが、ピアノは常時4~7つの音を出しているので
1拍ごとに臨時記号が入れ替わる曲だと消耗が激しく、集中力が切れやすくなります。


じゃあ、コードで覚えてしまおう、と思うのですが


1拍ごとに「GMaj7、E♭9、 E9、Ami7、E♭9、D9、 B♭mi7、Bmi7 ・・・」

などと記述してあり、ますますわからんっ(*☻-☻*)


ムキになって練習していたら、手首を痛めました。
                     

                         mokin.gif


ふ~ぅ。


他のミュージシャンがカバーしていないかな?とYouTubeを開く。


憧れのボーカリスト、ダイアナ・クレールは歌だけではなく、なんとピアノもうまい!⇒


当たり前のことかもしれないけど、天は二物を与えているかんじで、なんかショックだわぁ~



             o0300010911818443870.gif

WNOのドラムのお父さんが。

「大学生がいなくなっちゃったんだよ。あんたをSAに紹介したのは惜しかったよ~
SAをクビになったら、いつでもWNOに来てね。」


と言って下さいました。


私は、練習が好きなので、出席率が高いのが取り柄なんですよね☆





スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。