発表会選曲

2014/05/08 Thu 01:13

7月末のバスティン研究会主催のスタンプラリーに参加するため、選曲を始めました。

DSC00517.jpg


スタンプラリーは2年前から参加していますが、当初は「あれこれ考えないでとりあえず出す」
という行動優先で出場させてました。


主催の先生も、


「練習中のテキストでもなんでもいいよ」


って気軽におっしゃっていたので、私も気軽に出させてもらってました。


ただ、そのスタンプはバロック、古典、ロマン、近現代、連弾、バスティンの項目ごとに
スタンプをついてもらうシステムなので・・・


何も考えずに出していると、ロマン、近現代ばかりになってきました。
それだけ、初期導入ってロマン、近現代で成り立っているのだということに気づいた次第です。


今回バロック、古典が残ってきちゃった。


どちらも、ある程度のレベルがないと弾けないものが多い。


特に、バッハは、フヅラは易しいのに、弾くと意外と難しいので小学生だと人を選んでしまう
難しさもあります。


易しいバッハはないのかな、と昔の教本「バッハ・アンナマグダレーナ」なんかひっぱり出して
今さら弾き漁ってみた。懐かしい~♫

選曲
6割がた決まってきたかな。


特に、その子に合ったものにしてあげたいな~、喜びそうなものがいいな、なんて
考え始めると時間がいくらあっても足りない。

t00800127_0080012711902399274.gif




「Mちゃんは、ストリーボックが似合いそうなんだけど今までずっとかわいいのばかり
弾かせてたから、今度はトルコ行進曲みたいなのもいいかな?」


「Sちゃんは、シールも香水瓶やリップコスメ系のを選んでいたおませだから、
きっと『ガラスのくつ』というタイトルが好きなんじゃないかな。」


「Yちゃんは、エステンやってるけど、バッハをやったら意外性あるな、ハマるかな?」

そんな風に考えていくと、大変な選曲も楽しくなってきた。





ソナチネは、「このコの今のレベルはクーラウ〇番だけど、私はクレメンティが好きだなー」
って思って、これでもかというほど、クーラウとクレメンティを交互に弾きあさりました。


おかげでGWの休みがパァーに☆



o0300010911818443870.gif




でも私、心なしかソナチネがちょっとうまくなったかも・・・?



それで、昨日早速中学生に選んだものを

「こんなの、ど~お?ちょっとお姉さまになった気がしな~い?」って


クーラウのソナチネ弾いてみたら、「キャッ(๑◕∀◕๑)」っと喜んでくれました。





スポンサーサイト
発表会・イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示