スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドラムをやってみたら?

2012/06/16 Sat 01:55

drms

Yちゃんが小学校のアンサンブル部でドラムを担当することになりました。

私はいつも「ドラムやったら?」と子供達に勧めているので、彼女も念頭に
おいててくれたんだと思います。


実は、自分がPOPSデビューをするのに苦労しました。


ピアノで基礎を積んで14歳でエレクトーンをひき始めて楽譜が容易に
読めると喜んでいてエレクトーンでなら早くモノにできるかもしれない、と思いました。

でも本格的に始めたときにリズム感の違いにフリーズとしたことがあります。


マイケル・ジャクソンの曲にチャレンジしたとき「楽譜は読めてるがリズム感が」と
いうことで却下になったこともあります。

また、バンド人に人気のラリー・カールトン”Room335”を練習してたときのこと。


フュージョンなので、楽譜は少し難しそうだけど、「楽勝」と思っていました。
エレクトーンをやっている人にはなじみやすいフレーズでもあります。


実際に始めて見るとイントロの4小節で「ちょっと、マジメにやってよォ~」と
いきなりのダメ出し。

リズム感が、ということでした。


ノリが命のソロ部分もあったので、その後、YouTubeで研究したところ、
体を動きを真似ることでノリがでてくるようになり、やっと○をもらいました。


バンドの中で、鍵盤は売り手市場なのですが「キーボードに音大生は入れない」と
いうのはよく聞く話です。


現代音楽は洋楽がベースになっているので、リズム感は必須です。

ドラムやパーカッションに触れるなり、ダンスをしてみると演奏の幅が
広がると思います。


ランキングに参加しています。お帰りの際、ポチっと押して頂けると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 東広島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ エレクトーンへ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。