ギロック *

2014/04/03 Thu 01:05

小さな子たちにはぴあのどりーむのシリーズを愛用しています。

DSC00283.jpg


でも、今年は10歳以上の初心者も増えてきたので、初めてでも早く曲らしいものを弾ける
ようになってほしいと思って新テキストを探しています。



やや大人になりかけているので、センスの良い曲を弾いてもらいたい。



トルコ行進曲やボーかロイドを弾いてくれても全然OKなんだけど、


せっかくピアノをやっているのだから、「素敵な子ね」って言われるように
なってほしいです。もちろん男の子も☆


女の子


そんなことを考えていたら、ギロックにたどりつきました。



バナー



以前から気になっていたのですが、子供たちは「元気な曲」を好むので情緒的で柔らかな
ギロックはメインのテキストとしてあまり選択肢に 入れてなかった のです。



でも、今回いろんな本を弾いてみると、色んな国やリズムの音楽をまんべんなく
入れてあるし 素敵な曲やかっこいいものがバランス良く配合されています。



ロマン派にしては、あまり難しくないのに、クラシックの趣もあり、情緒も豊か、
しかも7度の和音もサラッと入っていたりして現代的なサウンドでもある。


とても不思議な本で、ハマりました。


硬くなりがちな手首も、うまく脱力できそうな作りになっているとこも〇。


保育士になりたい、という子もいるので、コードネームを覚えながらギロックを弾いて
いくと楽しいし、ピアノの良さを堪能できるのではないかな。


この曲集はあの子に、こっちの曲集はあの子に「絵を描く宿題も出そうかな?」
などと考えていると、とてもウキウキしてあっという間に時間が過ぎます。


 さくら
 
YouTubeでもたくさん試聴できます。


少し大人っぽい、秋のスケッチ&セレナーデ⇒


かっこいい曲が好きな子に、カスタネット⇒


スペイン舞曲、サラバンド⇒



東洋の市場⇒


でも、みんなに一度は弾いてもらいたい、春らしい曲、ウインナーワルツ⇒




スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示