メカニックと情緒

2014/02/17 Mon 01:00

DSC00093.jpg

楽器メーカーのグループレッスンの先生にお話しをうかがっていると、
グループレッスンを卒業した子は、聴奏と伴奏付けは得意なのだけど楽譜を読むのが苦手、だそう。



1人1人にじっくり譜面を読ませる時間を取るのはむつかしいですよね。


分かるなー。私も〇マハ卒業した時点では、絶対音感がピークだった気がする。



うちでは、「音楽はメカニックな正確さと情緒感の両立」と思っているので、


譜読みとリズム打ち、演奏はメカニックなまでにメトロノームにぴったり合わせることを
中心にやっています。


1.音を正しく読む。


2.正確にリズムを取る。


3.リズムを叩きながら音を読む。


4.しだいに速度を上げる。


初期のうちは、この3つが出来て初めてピアノに触れる、というスタイルです。


ピアノを弾きながら音名で歌うこともしています。



結局、音名とリズムが一致しないから楽譜を読めなくなるんですね。
どちらが崩れてもダメダメです。



子供はめんどくさいぃ~って嫌がることもありますが、リズム打ちなどが楽しくなってくる
みたいで、勝手に太鼓を出して来て、自発的にやってくれています。


私、時々「スパルタレッスン」って書いてますけど、


言葉そのものはキツいというのではなく、音読み、リズム、リズムを叩きながら読む・・・って
いうのをゲームっぽく一気にやるので結果、内容はハードでスパルタっぽくなるんです。



「こんな難しいこと、言っても分からないかな~?」と思っても、コドモはみんな賢いので
きちんと覚えてくれているものです。



そして30分でも、「ちょっと物足りないー、もうちょっと!」っていう子もいます。



今は音階とカデンツに力を入れていますが、もう少ししたらヤマハグレードの課題でもある
初見演奏も行っていきたいと思います☆



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示