ショパン名曲

2014/02/11 Tue 01:00

DSC00005_20140210231120df3.jpg

高校の頃、スケルツォ第2番にハマって、長い間練習に費やしてしまいました。



すごい曲だったので、どうしても弾きたかったんだけど先生からOKが出ないので独学してました。


当時の恩師は、コンペティションでショパンなどハデな曲が出そろう中、悲愴ソナタ2楽章や
トロイメライなどシンプルな曲と音色で審査員を悩殺するような人だったんです。(県内で首位)


なんというか・・・辻井伸行さんみたいなタイプ?


あ、話はそれました。


なので、ハデめな曲好きじゃなかったみたいであまり弾かせてくれなかったですね~


最後の20ページ目がどうしてもひけなくなって断念。
ちょっとやりすぎて、ショパンに飽きてしまい、ムダな時間を使ったかな・・・と後悔したものです。



でも、人生にムダはないというのか・・・



その後、エレクトーンうぃ始めたときに上級向け楽譜を見ても「難しい」と感じなくなっていたし、
「もっと難しいのやりたい」、という意欲があったので、読譜力がついたのだと思います。



しかしスケルツォに懲りて、何十年もショパンに手を付けていなかったのですが、近ごろになって
バラード第1番がひきたくなってきました。





体力も気合も要る曲ですし、最後のほうがむちゃくちゃ難しいんですよね~。




スポンサーサイト
ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示