DSC00094.jpg
東広島市・八本松のピアノ・エレクトーン教室です。

エレクトーングレード6級から5級に入ろうと思ったら、急に難易度が高くなり、
フリーズしてるコが多いです。


ピアノに比べると、左手はバッキング的な要素が強くなり、細かい部分は自動伴奏で補うため
左手の読譜力が落ちるような楽譜が多いのです。



間をつなぐような適切な教材が見当たらないため、クラシックピアノ超初級から始めて、
左手の奏法に慣れてもらうようにします。


「3か月で終わる場合に限り、バイエルでも良し」と深谷先生のセミナーで習ったので、
このときはバイエルを使ってます。



でも・・・


エレクトーンやってる子は、クラシック・オーケストラも弾いているのに、実際にピアノで
ブルグミュラーまで来ると、抵抗感があるみたいな気がする。


以前に男の子がやってて、セミプロになった子に聞いてみても、ハノンが苦痛だった等、
ポピュラー⇒クラシックピアノはキツイという意見も多し。



「クラシックのにおい」「クラシック節」に抵抗があるのかな?という印象があります。



オーケストラクラシックはOKで、なんでクラシックピアノはダメなのよ~(o・ω・o)?




そうしていると、そのコはポピュラーピアノの楽譜を買ってきてひき始めちゃいました。



このポピュラー楽譜も中級向けなのでけっこう難しく、初級nブルグミュラーを超えているのですが
なぜか余裕で弾けるというふしぎさもあります。



来月高校受験だしね、ま、いいか。



彼女は前日、ノロで39度出して吐いたにもかかわらずレッスンに来てるから、


「塾疲れかな~、めずらしいよね。だいじょうぶ?」


と聞いたら、

「うん、でもピアノ、やりたい!」



と言って、ハナミズキ*を弾いてくれました。







スポンサーサイト
エレクトーン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示