スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

思春期

2014/01/13 Mon 11:34

この4月は、中学生になる子が2人もいる・・・

DSC00005_20140113114434b59.jpg


思春期というのは難しいながらも、成長しつづけるときだ、ということを実感しています。


中学生は皆、小学生のときにはない積極性が芽生えているので、伸びまくってます。


部活や勉強が忙しいだろう・・・ってこちらが勝手に遠慮していても、中学生は集中力が高いので、
2,3回練習するとすぐ弾けるようになっちゃうんです。



私は中学生に対しては、「大人の部分を尊重する」、ということに気を付けています。



ちょっと成長を見るだけでも、すごく嬉しいので、最近はまったり、コアラみたいな先生に
なっちゃっています。

でも、


「先生、もっとビジバシやってよ!」



と、思春期の子たちに引っ張られたり、お尻に火をつけられたりすることも、多いような気が。




            ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪



発表会ではj-popを弾きたい、とのことで、過去にレッスンの課題にしていた曲を引っ張り
出すことにしました。


今どきの楽譜に多いのですが、単調なメロディーに変化をもたせるためにあえて転調させて
響きを変えているのですが、シャープ♯がたくさん付きすぎて難しい曲が多い。


実は、その課題もシャープが付きすぎていたので、レッスンではなかなか進まず放置状態だった
のですが、発表会に出ると決まったとたん、すごーくがんばってくれて見事に弾きこなしました☆


私のほうが、ただアゼンとするばかりでした。Σ(・ω・ノ)ノ!



その後、彼女は自分で楽譜を買ってきて「この曲弾きたい。この曲は連弾もあるよ。」と私に提案して
くれるようになっているのです。



その曲は、難易度高いのですが、発表会でムリしてやった曲と同じレベルなので、本人の中ではクリアできる、
というレベルに来てるわけです。




潜在的な力は、その子たちには充分持っているので、あとはやる気をあおり続けられるかどうかに
かかっているんです。


「ただ習いに行く」、だけではなくて「ゴールを自分で決めて、そのためにどれだけの努力をするか」と
いう設定をし、そこに向けて自ら、がんばってもらえるようになったらいいな。



「自分で気づいたことやピンと来たこと」って、強いエネルギーがありますからね。



私も、人をゴールに導くためのコーチングの勉強がんばろうっと。





スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。