スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013年のまとめ

2013/12/31 Tue 01:09

お友達のピアノの先生のお宅で、教材研究とピティナ・ピアノステップへの参加に
ついて講習会をして頂きました。


あとは発達障害のお子さんのことや教室運営に関することet・・・




ヤマハを辞めてから、自宅レッスンを行っていましたが、10年のブランクが
空いてしまったので、責任の重い子供向けピアノは自信がなかったのです。




ただ、これ以上ブランクを作ると再開するのがよけいに怖くなってくる、と思う限界
だったので、仕事の合間に細々と大人のレッスンをしていました。




ところが予想に反して、子供ピアノのお問い合わせが多かったのと、子供が
自分が思っている以上になついてくれました。




とどめになったのが、当時の同僚コンちゃんの子供。(職場に遊びに来ていた)



私は、「こんにちは」とあいさつするだけで、なでもしないし自分からはアクションして
いなかったのですが、


「うちの子たちが、なついている!Σ(・ω・ノ)ノ!すごいっ!」

「忘年会の席、『まつもっちゃんの隣に座る!』って2人が争ってる」



というようなことをいつも言ってくれてたこと。(相当な人見知りだそう)




それで、「自分はもしかしたら、子供との相性がいいのかも?」と、思い、
頭に入れて行動するようになりました。



今年も徐々にテキストのバリエーションを増やしてきていますが、来年もさらに
幅のある仕事をしていきたいと思います。



遊び心があり、音楽が日常的なものであり、楽しい、癒される、レッスンが楽しみ、
と思ってもらえるところを目指しています。


私は、週末に呉までビッグバンドの練習に楽しく参加していますが、


忙しい学生さんであっても、ゴリゴリ鍛えるレッスンではなく「忙しい勉強の中のリフレッシュ」に
なるようなスタイルで行きたいですね。


中学生って、自分の意思でレッスンに来ていますから、ピアノもすごーーーく
伸びるんですv(*'-^*)-☆



お受験のコなど、塾もハードなので、私のほうが心配になってしまうのですが本人は、
「ピアノだったらだいじょうぶ★」って言ってくれてるので、引き続きボチボチやっていますよ。


大人になっても、子供ができても「趣味でずっと演奏していきたい」「子供にもやらせたい」など
ライフワークにしてもらえることが一番の目的なので。



「人があまり思いつかないところに着眼する」


という自分の性格も、うまくレッスンに生かしていけたら、と思います。



2014年もどうか宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト
教室概要 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。