幼児のピアノ

2013/12/26 Thu 01:29

4歳~5歳。

DSCF0165_20131226160340690.jpg


こんなに小さくって、ピアノを弾くなんて大丈夫かなーと思いながらやってきましたが、
なぜかみんな順調。



ぴあのどりーむ幼児版の、右手左手の違いとリズム感から始めました。


テキストは弾けるのに、「音譜カードが全然読めない、なぜっ?!」と冷や汗かくときもしばしば、
ありました。


そんなこんなで約8か月・・・


右手のド、レ、ミ、左手のド、シ、ラを組み合わせていろんな曲を弾いてきたのですが、
弾きにくそうなので片手奏に変えようかな?とお母さんと相談していたSちゃん。


眠い、集中力がもたない、シャキッとできないなど小さい子ならではのこともありましたが、
突然バリバリに弾き始めて、お母様も私もアゼン!目がどんぐりになりました。

DSC09461.jpg


それも、お母さんは「練習しなさい」というヒマがなかったそうですが、本人が気の乗った時に
1人で何曲も練習していたら、今まで見たことのない弾きっぷりをしてくれたので感激でした。



その場では集中力がなく、聞いているのか聞いていないのか分からないように見えても、
すこしずつ、ちゃんと身についていたんだな~と思って、改めて子供の能力に驚いています。


2月から始めて、まだ1年未満のIちゃんも、ぴあのどりーむ4のほぼ最後まで弾けるようになり、
最近は「初めてのギロック」も併用し始めました。


5歳のコにギロックを弾かせるのは、初めてです(^_^;)


その他にもテキストに関する曲を自分でYouTubeを見ながら、自分の好きな演奏法を研究する
4歳のコとか。

DSC09965.jpg



こちらが見習わなくてならないような子ばかりです。



なぜ、みんなこんなにデキるんだろう・・・


と、色々考えてみました。


本人たちが年のわりにしっかりしている、行儀が良い、全く休まない、レッスンを
楽しみにしている、ご両親または親御さんに音楽経験あり、という点が皆さんに共通しています。



あとは講師(私)と、お母さんの連携プレイ?が密で強力だった気がします★
お友達のように仲良くさせていただきましたもの。(ღˇ◡ˇ)


激しい怒涛のレッスンの日々でしたが、2013年が終わる前に、とても良いものを
見させていただきました。



新年度から、お子様にピアノを習わせてみたいとお考えのお母さま方★
参考になさってみてくださいね。






スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示