スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

リズムと格闘☆

2013/12/16 Mon 01:36

太鼓の達人ごっこ

フュージョンでも、リズムは難しかったですが、それでも16beatの中でのことなので、
なんとか・・・してました。

ハービー・ハンコックなどはモノにできなかった。また、ジャコ・パストリアスのフュージョンはよく分からなかった。
チック・コリアもわからない曲、意外と多し。



それよりもフュージョンは、リズムより、音が多いことのほうが難しかったです。


ところが、ビッグバンドでスイングをやるようになってから、リズムの難しさはさらに加速。



パッと見、そんなに難しそうに見えないのに、小節をまたいだシンコペーションがざくざく
出てくるのです。


八分音符と八分休符とタイだけの組み合わせでこんなに難しくなるなんて(^_^;)


あっ、でもね、ビッグバンドでも、付点4分音符ばかりずっと続くと、全く合わなくなるし
誰が正しいのかも分からない、自分も信じることができない、という状況になることあります。


スイングの音符、まだまだ慣れそうにない。



            ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


私は正直、学生の間にリズムのことを重視していなかった気がする。


先生も、「そこはターンタタンよ」とか、その曲、その場限りだった気がする。
もしくは、自分がスルーしていたとか。




それなので、どうやって教えるかは本当にナゾなのですが、根本を分かってないと後で苦労
するな~というのを痛感しているので、考え方を理解してもらうことに時間をかけています。





電球を白熱から白に交換した



今どき「太鼓の達人」をやってる子は多いですね。



リズムが複雑になってきて、つっかえるようになってきたら「太鼓の達人やろうか~」というと
子供たちは、けっこう喜んでノッてきてくれます。



今日は、忍たま乱太郎の「世界がひとつになるまでは」という曲で、八分音符と16分がたくさん
まざっていたので、リズム練習をしてみました。

             ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


あと、田丸信明さんが学研から出しておられる「ソルフェージュ」なのですが、リズム打ちの
練習があります。


ソルフェージュの内容がそこそこなのに比べて、リズム打ちだけが異常に難しい。



親のほうがお手上げなのですが、理解力のある子は叩けるようになっているのです。
子供ってホントにすごいですよ☆


余談。どうでもいい話なのですけど、2日前にテンプレートの文字色をグレーに揃えるため、
スタイルシートをつついたのですが、なかなか反映されず今日やっと反映されました。遅い☆


+ + +



れいこ音楽教室では若干名、2014年新規生徒募集をしております。
水、木、金曜日は若干空きがあります。


場所は音戸工作所~川上神社の中間です。



ブログのメールフォームから、またはお電話でお気軽にお問い合わせください。


電話:090-9460-7100




スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。