眠りとモーツァルト

2013/08/19 Mon 01:49

20090306105018.jpg
東広島市・八本松のピアノ・エレクトーン教室です。


熱中症対策でバッハを聴いたので、今度はiTunesの一段上のモーツァルトを聴いてみました。
お盆休みモードにいいかも、と思って☆


すると、いきなり眠気が襲ってきます。
しかも、朝から。


茹でる前のタコみたいにグンニャリしてしまったので、チャンネルをR&Bに変更。


別の日にも、チャレンジしたところ、同じ現象が起きてしまいました。


時々早朝覚醒してしまい、眠れなくなってしまうのですが、そんなときに「じゃあ、モーツァ
ルトをかけたら眠れるのか」という実験をしてみたところ、すぐに眠くなり、寝すぎてしまいました。


なんだか・・・変なクスリみたい・・・ヾ(;´▽`A``


iTunesのがおススメですが、こちらからも★

 ↓  ↓  ↓ 



もちろん、退屈で、とかそういうことではありません。


そんなことでちょっとモーツァルトに刺激され、今さらなのですが、映画「アマデウス」を
観てみました。



生まれながらの天才なのですが、とにかく性格があまりにも「軽薄、下品、幼稚」。
彼から音楽を取ったら何も残らないという作風でした。



彼の性格は尊敬できませんが、作品は「天使の声」と言われるくらい上品で神聖、
ピュアです。



あまりにも変な人なので、ただ今研究中の発達障害なのかな~?と思って調べてみると
自閉症を伴う「サヴァン症候群」ではないかと言われているようです。



自閉症は、高度なIQを伴うことが多いようですが、モーツァルトはIQ面では高く
なかったとか。



それと、私の眠気とどうのような関係があるのか未だに解明できませんが、不眠の方や
リラックスしたい方に自信を持っておススメできます。



今まで「癒し」の代名詞として使われていたモーツァルトのことをなぜ今さら新鮮に
感じているのかというと・・・


長調があまり好きではなかったのです。


暗すぎる曲も好きではないですが、どちらかというとマイナーかメジャーセブンがいっぱい
ついたような哀愁のある曲が好きだったから。



最近、芸術への興味が強くなってきたので・・・色んな側面から知りたくなってきたんだと思います。




お帰りの際に、ポチッと押して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございました。




スポンサーサイト
ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示