冷房病ケア

2013/08/06 Tue 10:49

自宅の百日草

「午前中は冷房はガマン」、なのですが午前レッスンを行うので、朝から冷房をつけている
ことが多くなりました。



夕方には、足が冷え冷えになっていて、腰もギックリっぽくなったりしているので、
毎晩、お風呂はシャワーで済まさず、湯船につかるようにしています。


もともと、夏はそうとう弱い私。


人よりもバテやすいので、「出歩かない」「湯船に入る」「冷たい物を摂らない」と
いうことはかなり気を付けています。


その努力が少しでも効いてるのか、時々、小バテしても、倒れるような大バテはしていない
ですね~。


自分の中で「黄色信号」を感じたら、すかさず体調管理をする、というのは習慣にしています。


その他にもお風呂から出たあとは、足裏マッサージをかなりしっかり行っています。

本の中で、

「足が太い人というのは、足裏が汚い」
と書いてあって、足裏のケアの大切さについて書かれていたものだったんですが、


手や足は「飛び出した脳である」という言葉もあります。


ココをきちんとケアしていれば、体調もココロも整ってくるのかな~と思って、
アロマオイルやクリームをつけてごしごしマッサージしています。



そんな小さなことですが、まぁまぁな体調です。
もちろん、ぐったり休養していることもありますけどね。



病院では、夏の終わりに帯状疱疹の患者さんが続出するみたいです。
夏疲れは、今から予防しておきたいもの。



みなさんも、無理しないように、メンテナンスをしながら乗り切ってね☆

帰りにぽちっと押して頂けると嬉しいです。
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示