ココロ美人テスト

2013/08/04 Sun 10:46

自宅ゆり

土曜日の晩、27時間TV「ココロの美人」の診断テストにハマって見てしまいました。
実は、私、パーフェクトだったんです(ღˇ◡ˇ)


あれが真実なら、私は「ココロ美人度100点」ということになりますが、どうなのでしょう?


「右と左の顔、どっちが好きか」っていう問題、スレスレな感じがしたんだけど
どうでしょう?見られた方、おられます?



私は、左右の顔にアンバランスを感じるので、下がってないほうの左が好き、と答えた
のですけど左が下がってたら、逆の答えになる。なんともビミョ~なテストですね。


でも、脳科学、心理学って、すごい大好きなジャンルなのです。
たぶん、人間カテゴライズが好きなんだと思う。


発達障害、人格障害なども関心をもって取り組んでいます。



今は「ホルモンバランスによる人間の性格&相性」にハマっています。
血液型タイプ別より、かなり本格的です。


私はドーパミン×セロトニンが同等の比率。


この組み合わせは、家族に対する関心度が高く、順番や秩序を大事にする性格に
なる。ブナンな会話はより機知に富んだ会話が好きとか。同じタイプが相性がいいらしい。



・・・で、この生物学者さんの本によると、「楽器好きな人」というのは、男性ホルモンに
よるところが多いらしい。男っぽい人ほど、楽器がうまくなりやすい、というのも納得。


また、クラシックやジャズなど、複雑なハーモニーを好むのはドーパミンのなせる業。



こういうふうに考えてみると、「練習をするのはマジメである」とか、「やる気の問題」だけ
ではなく、本人の体質のようなものが関係してるように思います。



だから、むりやり音楽をやらせたい、と思ってはいないんです。
むしろ、難しいことが多いから、やりたくない人には勧めない。


「やりたい!弾きたい!」っていう人、子供たちとレッスンしたいと考えているんです。


ココロ美人から、だいぶ話が脱線しました
いいんだ、日曜日だしね♡٩( ´◡` )( ´◡` )۶♡


スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示