歌うように弾く

2013/08/01 Thu 01:04

DSC09449.jpg

4才から始めて、順調に来ていたと思っていたコが、譜読みが急にできなくなりました。


家でも練習できない、集中できない、音譜もおぼえているのだか、覚えてないのか・・・
体力がなく、学校だけで手一杯みたい・・・


そうはいっても、ぴあのどりーむ⑤に入っていたので、相当いろんなことができるはず、と
焦る気持ちは募っていました。



夏休みは、家族旅行や遊びが多く、お休みされてたのですが、その間にウーーンと頭を
ひねり、いろいろ考えました。(-"-;)



その子は、歌がとっても好きで、心を込めて気持ちよく歌っています。
ピアノを弾くよりあきらかにテンションも上がっている様子。



ピアノが弾けても、歌をあんまり好きでないコも多い中、「歌が大好き☆」っていう
この才能に着目しないテはないっ(・o・)ゞ



実は、ピアノを弾くことは歌心がとーーっても大事なんだ、ということを自分のレッスンで
最近教わりました。分かっていても忘れがちな点。



それで、無理やり弾かせるのではなく、大好きな歌を使って譜読みをおこない、
正確に読めるようになったら、こんどは情景を思い浮かべて気持ちを込めて歌う。




左手部分も,間違い部分がなくなるまで、ていねいに、ていねいに歌う。
(バッハなど3声など、左手部分も伴奏ではなく、「歌」であることを重視されますよね)


ピアノを弾くことは「おまけ程度」で、とにかく完璧にソルフェージュ。


すると・・・


スーーーーーッっと、カンタンに弾けるようになっていました。



ヤッターーー*。:゚+!ヾ(o´▽`)ノ゙+゚:。*゚+.


レベル的には、少し前に戻ってしまったのだけど、「できること」をやったほうが、
本人も満足度も高いみたいです。


楽しそうに帰って行きました。 (ღˇ◡ˇ)♫


♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


毎週、毎週、何か問題が起こる。


そのたびにウーーンと考えて、問題を解決していく。


ちょっとでも、成功するとこちらも嬉しいし、生徒さんもそれは同じ。


「レッスン、楽しかったな~、またがんばろっと♫」と思ってもらえるように
がんばってアイディアをひねり出していきたいと思います。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示