スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小さな手のピアノ奏法

2013/07/21 Sun 01:39

「アーティキュレーション」というとおおげさですが(ღˇ◡ˇ)


小学生で、ピアノやエレクトーンを始めたコ。


なかなか指を丸くして弾けない、スラーのようにつなげて弾くのがむつかしい、
という問題が発生しております。



「手首はまっすぐ、ピアノと平行に。あんまり力を入れなくていいから指は丸くね。」


そして数分後、レッスン内では、なんとか理想の形になるのですが、1週間後には元の形に
戻っていたりして



基本的に、指そのものは小学2年生頃に完成されるので、それまではあまり無理な
要求をしないでおこう、と思っているのです。



ピアノの正しい奏法と、医学的に見た無理な奏法・・・どこで譲るか、とっても難しい
バランスです。



ただ、こういうフォームは1度矯正すると、あとは矯正しなくて済むので、厳しい
ようでも正しい形に直しておきたいな。


        *。:゚+!ヾ(o´▽`)ノ゙+゚:。*゚+.


ところで、4歳になったばかりのコたちにも少し同じことをおこなってみました。


まだまだ音を覚えるのが精いっぱいで、フォームのことなど気にしていられない年頃では
あります。



ですが、指の形やつなげて弾くことができるかな~と思って、試しに「先生のマネして
くれる?」と言って、「ドーレードーレー♫」とつなげるような練習をしてみたところ。


すぐにマネできるようになっているので、これまたびっくりです。


4歳のコ、2人にやってみたところ、2人ともGOODな手つき。


小学生になると、

「頭じゃわかっちゃいるんだけど、手がついてこない」

かんじなのですが、4歳だと

「見たもの、そのまんまマネしちゃった☆」

というかんじ。


カラダで覚える、ってこういうことなんだな~と感心してみています。



紙粘土で、理想の手の形をかたどっても、いいかな、とも思います。

100均で紙粘土買ってこよう(*´艸`)


スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。