スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バイエルを取り入れるか

2012/05/27 Sun 06:58

ミッキーバイエル4

ピアノを習った事がないお母様方からバイエルのお話を聞くことがあります。
「ピアノ=バイエル」が定着するほどのメジャーな教材なのですね。

他教室から来られた生徒さんがバイエルを必ず持ってこられることから
不動の人気であることも再確認。

しかし、多くの講師から、ウケが悪いのも事実です。

1983年初版「バイエルでは3年遅れる」という本を読んで以来、疑問を
持ったことがあります。

でも・・・

私ごとですが、ヤマハ音楽教育システムジュニア科時代、練習はサボリ気味の
ふつうの小学生でした。

ところが、バイエル60番を始めるやいなや、取り憑かれたように
練習をし始め、「上達している」という充実感さえありました。


独自の解釈ですが、読譜、技術向上という面ではテクニック本と
して良いだと思います。

また、バイエルならではの名曲も履修しておきたいところです。

情操教育という点では、物足りなさがありますから、名曲レパートリー&楽典
並行して行えばバランスが取れると思います。


私のレッスンでは、一部、読譜が苦にならない子、クラシックが好きな子には
80番以降をピックアップして取り入れることがあります。

スポンサーサイト
教材 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして!
エレクトーンは長いんですが、
ピアノは5ヶ月の、まいんと申します。

バイエル、わかります!!
やーっと、ちょうど100番なんですよ笑。

5ヶ月にして上達してるって、
おっしゃってくださいました^^

「(エレクトーンで)譜面読めるからね~」
と言ってくださいましたが・・


知らないうちにエレクトーンが、
ここまで行ったのと同じく、

ピアノも知らないうちに、
上手くなっておきたかったです笑。


出来るだけピアノに変えるなら、
早いほうがいいと聞いたので
(それにエレクトーンに飽きたっていうのも
・小声でw)
20代半ばで始めました。

最初はエレクトーンでやってました苦笑。


また、ブルグミュラーとかツェルニーとかの
お話も聞かせてください^^

よろしくお願いいたします!
はじめまして
初めまして。

まいんさん、コメントをありがとうございます。

エレクトーンも上級になるとピアノで基礎体力をつけなおそうということで始められる方は多いですね。

5ヶ月でバイエル100番とはさすがです。

しかも、ツェルニーまでやっておられるのですね。ツェルニーは必須科目ではありますが、時間の少ない子供達には少々考えてしまう教材です。

こちらもその子の進展に合わせて並行しています。

エレクトーン経験者から、ピアノに入られて楽しいところってどんなところですか?またお聞かせくださいね。
コメントありがとうございました!

そうですね・・
やはり「ピアノっぽい!」って感動しますねw
100近くになると、分散和音、
エレクトーンっぽくなってくるのが
楽しいですね笑。

どんどんハードルが高くなってくるんですよね当たり前ですが笑。

こうやって、笑って話せて、
ピアノのレッスンに余裕があるのが
(先生も笑って注意してます)
まだ大丈夫かなー?って^^

私はこのミッキーのブルグミュラー買いましたよ!笑。
しかも、正規のものが二冊あるし
先生も「こんなん子供用の買わんでいいのに」
と呆れ笑いしてましたがw

前の先生から、楽典を勉強する際に、
子供用のテキストを勧められて、
それからです。
ムダにページめくりしないとですがw

譜読み、それこそくじけそうで・・。


そうそう、
チェルニーっていうのあるんですよ。
ツェルニーの前の練習曲20番。

あれを始めやりましたが、
うわー!ってwスピードかーって
(無知すぎるw)

とりあえず、それでくじけないか不安で、
お試しにやってますー。

まずバイエルですよね!
あと6曲!頑張ります!

順番抜かして簡単なのからやろうかなーw



ためになるお話で楽しいです!
また色々お話したいです^^

ありがとうございました!
まいんさんへ
いつも丁寧な楽しいコメントありがとうございます。

先生とのレッスンもとても楽しそう。

子供たちが大きくなって、まいんさんくらいの大人の女性になり、
お友達のような関係になるのが理想です。


エレクトーンに最初入った時、6級までがすごく楽譜がラクなので
「え?これでいいの?」って、びっくりしました。(ノリは難しい)

5~3級でもやはりピアノの楽譜に比べると、かなり読譜はラクな
ほうです。

「リベルタンゴ」5~3級のようにムダに難しく作ってある曲だと
さすがにタイヘンですが、あの動きは、運動神経のテストの
ような気がします。


ピアノがテクニック的に難しくなってくるのはバッハの三声くらいから
ですね。気力が充実してるうちに弾かないと、挫折するんじゃないかと
思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。