DSC09344.jpg

東広島バスティン研究会の「ピアノスタンプラリー」に向けて、準備中。


何人かの子たちは、仕上げに入っていて余裕がある子は、おじぎの練習なども
行っています。


ですが・・・


数か月前に準備を始めたわりには、集中できず、他の曲ばかり遊び弾きして
ばかりで間に合いそうにない現実逃避タイプ、まったく練習してない子・・・



良かれ、と思って親子連弾も組んでみたのですが、お母さんと一緒だと思いのほか
ダレてしまうのか甘えが出るのか、ぐずったり泣いたりという思わぬ事態も。



そこでうまくなだめるべきなのですが、「連弾がムリなら、ソロで出ましょう」、と一喝。
泣こうがわめこうがおかまいなしです。



なので、おっとりした先生から、急に厳しい先生に変化しつつある私です。



練習をサボって本番でうまく弾けなかったり、緊張して頭が真っ白になったり、
ということもあるとは思いますが、それも含めて経験。


ところで。


セミナーや勉強会でいつも「どんなに小さくても、カンタンな曲でも、ただ音を出す
だけではなく人を感動させる演奏を!」って言われ続けています。



また先生たちのお話でも「きれいな音を出すこと」にこだわりをもたなければ、と
常々教えられています。



なので、ホントは、みんなの前でうまく弾いてほしい、人に感動を与えるような演奏を
してほしいという思いはあり、それを伝えていますが、それは、まだ先のことかもしれません。



とにかく、人前で弾くことで、何かを得てほしい。
それが、人の演奏を聴けた、キンチョーした、でも、モチベーションアップでもなんでも☆



あまり構えすぎず、夏休みにもう1つ思い出が増えたらいいかな~くらいに思うことに
しています。



そして、当日は、私がいちばんキンチョ~するんだろうな。(^_^;)





スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示