モテるためのピアノ

2013/06/05 Wed 01:08

51JD54TB34L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


何やら怪しいタイトルですが、「女の人にモテたい!」、しかも、「ナイトクラブの
ホステスさんに!」という井上氏という大学教授のピアノ独学記録。



男性に多いですね~「モテたいから楽器を始める」というパターン。
でも、けっこう挫折する場合が多いのではないでしょうか?



ちなみに、女性では聞いたことがありませんし、演奏で男性を悩殺した、
とかいう話もあまり聞きませんね。


この方は、どんな苦難?にもめげずに、ひたすら独学でジャズにいそしみ、
ギャラをもらってBGMピアニストにまで昇進。




どのくらい努力したら、そのレベルにまでなれるのでしょうか。

さて、その独学法とは。
大人に待ち受ける独学の意外な苦難。
発表の場をどのようにして設けるか。

・・・

ただの独学記録だと思ってて、素人さんのエッセイだと思っていたら、
林真理子に負けないくらい、コミカルな楽しいエッセイでけっこう笑い
ながら読めました。



私が好きなキース・ジャレットについてもあれこれ書いてありましたが、
けっこうびっくりしたのが「ナンパの小道具」に使われているんだそうです。


正直、ちょっと古いやり方だな~と思ってたら、最近、友達がもらってました・・・
古いけど、健在です。


私も、素敵な人からもらいたいものです・・・


妄想も含めて、おじさんの胸のうちをあけすけに書いていらっしゃいます。




こういう下心って、女性にはあまり発想として思い浮かばない部分でもありますが、
男性にとってはドーピング剤のような起爆剤になるのだそうです。


男の子や男性を教える(あおるのに)ときに良いかもしれません。





最後に、井上氏から一言、

「モテるおばあさんってどんな人かご存じです?」 

    ・・・



さて、筆者は、京都大学大学院卒業の超エリート。IQもすごく高いですよね。

こういう人が12年かかっても、「楽譜を読みながら弾くのは難しい、ネイティブな
母国語を話すようなものだ」とおっしゃって苦戦されているようす。


ピアノを弾くときに楽譜を読めるってことはいかにありがたいか、ちょっと身に染みた
気がしました。




気になる方は、読んでみて下さいね。図書館にもおいてあります。┐('~`;)┌




スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示