コード奏法の効果☆

2013/06/03 Mon 01:24

DSC09231.jpg

保育唱歌を弾く時に、殆ど左手の音譜は読んでいません。


省略した簡易な伴奏がついていて、その曲のニュアンスが出ないから。
セブンス音を省略してあると、単調になってしまいますよね。

コードレッスンを始めて今、4人目。


2人、O型、エレクトーンからA型1人。


血液型の話を持ち出されるとイヤ~な方もいると思いますが、けっこう考えてるんです。


あくまで私の所見(?)なのですが。


A型はコツコツできる子が多い。だが、とっさの変更など融通が苦手。
練習は熱心な子が多いです。

B型は楽しいことだけしかしたくない。とにかく自分が楽しいのが一番☆
好きな曲だけがんばります。

O型、ラクしてうまくなりたい。(^_^;)
全部投げ出すことも多いです。


AB型、現在ゼロ。大人はクオリティの高い演奏をする人が多く、ピアニストに
なる人が多いです。


現在の子供たちの様子を見ていると、この点が顕著かな、と思います。


O型・・・嗚呼・・・┐('~`;)┌


車を駐車場に泊めるとき、O型ってできるだけバックで停めたがります。
「後でラクをしたい」から前進駐車はイヤなんです(笑)。


集中力が短いのですが、集中するときの密度?が高いのです。
よって休憩時間も長く必要。

なのに、神経質。

うちに来ているO型の子って、けっこうチック症状が出ている子がすごく多い。
ストレスをためやすいので怒れないんです。


コード奏法はこんなO型にはけっこう適している気がします。



もちろん、楽してうまくなる方法などないのですが、難しい楽譜を見るとゲンナリして
チャレンジ精神もなくなるこのタイプ。


コードは決してラクではないのですが、いったん頭に入ってしまえば、同じパターンの
ものを繰り返すことで曲として完成が速く、初見で弾けることも。


また、全体のおおざっぱな流れをつかむことができて、「意外とカンタンじゃん」と
思うとがぜんやる気がでてくるのです。


うちに来ているO型女子ははたまたま、学習能力も高く、理解、暗記も早いので、一度コードの
しくみを説明するとパパっとひけるようになります。



もちろん、最初から初見でひけるほど甘くはないので、「練習しなくても弾ける」と言ってた
子もいるんですが、すぐに「ナメたらダメなんだ」ということを理解するのですが。

でも、「カンタンかもしれない」と思わせるのが、合っているようです。



コード奏法ができると、非常に自信につながるそうです。


クラシックオンリーだと、なかなかコードまで教えてもらえないですし、クラシックの
クオリティを高めようと思えば当然、コードをやってるヒマはないんですが。



スポンサーサイト
レッスン内容・費用 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示