ゆっくりの大切さ

2013/05/15 Wed 01:41

パンジー

昨日のブログで、「〇☆音楽教室の進度が遅いのでやめられた生徒さんがいる」と
いうことを書きましたが、心中複雑です。


実は、当教室に、〇☆音楽教室から来られた生徒さんがいらっしゃるのですが、
一瞬、「実力のわりには進度が遅い」という印象はあったものの、レッスンする
たびに、その子の基礎力に驚いていました。



それで、「一見進度が遅く見えても、実力は貯金されていたんだ!」という当たり前の
事実に気付きました。



バンド仲間で、その〇☆教室出身のキーボーディストのお友達がいるのですが、
その方も初見力、演奏力が非常に高いのです。



とにかく、私の知り合いにちょこちょこ〇☆教室出身で際立った基礎力を持って
居る人が非常に多いのです。



「いったいどんな先生がこのコを教えていたんだろう」
「その音楽教室の指導法が知りたい」

・・・と思うようになりました。


それで、そこの講師試験を受けて、研修に参加をした、という経験もあります。
結果、そこでの講師は辞退し、自宅教室を優先することになるのですが・・・(^_^;)



それで、「基礎をしっかり造る」というのが自分の中で重要度が増してきました。



ただ、コツコツ地道な方法ばかりとっていると、物足りなくなったりすることも
あるので、、たまに発表会などを混ぜたりしますが。


しっかりした基礎作りは、1ヶ月や2か月で結果は見えません。


もしかすると、数年後になるのかもしれません。


結果を焦らず、ゆったりした気持ちで待つことは困難ですが(笑)、後から跳ね返って
くるものが大きいと思ってます。

スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示