もうすぐ終わってしまう、花かんざし。

DSC08943.jpg

カラオケが健康にイイって、よく聞く話ですけど、どこがどのように
効くのか、本に書いてあったのでシェアしていきたいと思います。


このGW、ご家族そろってストレス解消をかねてカラオケに行かれてはいかがですか?

以下、「自律神経失調を改善する100のコツ」という本からの抜粋です。


<カラオケの効能>

①筋肉を鍛える

カラオケ呼吸は、横隔膜を上下させて鍛える効果があります。


下腹も上下させるので、おなかや腰の筋肉がきたえられ、下腹部の引き締めにも
有効です。


②血行を促進する

筋肉が動けば筋肉の間にある血管の収縮運動がおこなわれます。
よって、心臓の動きが活発になり血液の循環がよくなります。


③体内や血管の浄化

カラオケ呼吸では、肺に新鮮な酸素が大量に入ります。
酸素は肺から体全体の血管にも送られ、逆に体の組織や細胞の老廃物と
交換されるのです。

さらに、老廃物は汗、呼吸、尿や便になって排泄されます。


④自律神経のバランスを保つ

人前で歌うと緊張します。そして1曲歌い終わるとリラックスします。
この緊張とリラックスのバランスが自律神経に良い影響を与えます。

四六時中緊張していると血圧は上昇し、リラックスばかりだと脳の老化や
ボケが進みます。双方のバランスが大切です。


⑤ダイエット、運動効果

おなかから大きな声を出すだけでも運動になり、1曲を歌えばかなりのカロリーを
消費します。本気で10曲歌えば1㎞走るのに匹敵する運動量になります。



⑥ストレスを解消する


大きな声で歌うことは、体内の老廃物を発散し精神的なストレスも発散できます。
(うまいヘタは関係なし)

腹の底から声を出していると、脳全体の活性が亢進し、脳下垂体を刺激して、
自律神経のバランスや働きが正常になります。

性格も陽気になり、前向きになっていきます。


⑦認知症を予防する

歌詞を覚えるようにすると脳は活性化し、有効な認知症の予防になります。
また歌詞の内容から、その情景をイメージしてみます。

たとえば、過去の体験など歌の主人公になりきることが重要。

すると、脳が刺激され、若返りホルモンや性腺刺激ホルモンが分泌されて肌が
うるおってきます。


カラオケはけっして無意味な遊びではありません。

近い将来、老人医療や内科的医療、リハビリなどに必ず利用されるときがきます。

・・・とのことです。*。:゚+!ヾ(o´▽`)ノ゙+゚:。*゚+.
スポンサーサイト
Blog | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
ブログ村エレクトーンカテゴリから来ました。

私はカラオケが好きで
毎日でもカラオケボックスに行きたいくらいなのですが
私の周りの音楽好きはカラオケ嫌いが多く
特に本格的に音楽を勉強した人ほど
カラオケは低俗だと蔑む傾向があり
なかなかお誘いが成功しません。

れいこ先生が、音楽を本格的に勉強しているにもかかわらず
カラオケを否定的にとらえていないことに
ちょっと嬉しくなりました。

嫌いなものを無理に誘うことはしませんが
「カラオケはダイエットになるんだぜ~」路線で
誘ってみようと思いました。
トモコさんへ☆
トモコさん、初めまして。ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ
外部からのコメントが久々なので、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

もともと、音楽療法という観点で調べていたのですが、
カラオケにこんなに薬効があるとは知りませんでした。
ダイエットになるなんて、ちょっと美味しい話でもありますね。

若いときはカラオケのお誘いが多かったのに、今は全然
ないですよ~。一人じゃ行きづらいし。

エレクトーンやってる人は、わりとなんでもござれなので、
クラシックピアノの人とはまた違うタイプですよね。^^

管理者のみに表示