自宅のパンジー、ムスカリ、シュガーバイン

「未来探偵コナン」の主題歌を弾いてるコが、

「楽譜はDmだが、Emのほうが自分のイメージに合ってる!」と言ってて、
移調を希望しています。


DmをEmにしたからといって、調号が増えるわけではないので、移調してもかまわない
のですが、ビミョ~に弾きにくいかな、というのが感想。


シャープやフラットが多いので、移調したものの、しっくりこないというのは
「めぐり逢い」という曲でこの間も大人の方と話題になりました。


この曲はA♭なので、楽譜が読みづらくなるのでGに移調されたのですが、私は
ひきにくく感じました。


楽譜はカンタンになって初見でも弾けるレベルになりましたが、左手の動きが
不自然かも?というお話をした記憶があります。


あと、カンタンにしてしまうと華やかさがなくなってしまうことがあります。

ビオラのてんこ盛り


先ほどのコナンですが、弾きやすくアレンジしてあるDmで弾いてもらうことに
しましたが、「Emの方が音が映える」という感性も大事にしてほしいので・・・


Dmで弾き終わったら、Emに移動するかも。


そのためには、コードを丸覚えして、反射的に手と足が動くようになってほしいので
そのための準備をしています。


それに、「難しくなっても、映える音にこだわる!」ようになっているなんて、
大人になってるんだな~と思って感心しちゃうな~。



ところで、FDデータの発売が12月で終了なので、好きな曲はどんどん買っておいて
もらう予定です。


当面、ルパン三世、と名探偵コナンの別のテーマ曲をまとめ買いする予定です。

スポンサーサイト
エレクトーン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示