オルガンピアノのほん

2012/01/08 Sun 06:07

久しぶりの更新になります。

導入として、

小学生以下の子には、「ぴあのどりーむ」、
小学生の子には、「みんなのオルガンピアノの本」

使用しています。


休みの日には、楽器店でいろんな教材を眺めていますが、「みんなのオルガンピアノの本」は、
やっぱり使いやすいと感じるようになりました。


音符が大きいのと、絵がかわいいところ、親しみやすい曲があるので好き。
イラストについて子供達と語ることが多いのも特徴ですね。


私自身が、音符とイラストのバランスが悪いものが苦手なので(楽譜より絵がハデでゴテゴテ
したものが苦手とか余白が少なくてギューギュー詰めなど)バランスの良さでもダントツです。

私が高校生のときくらいから見ているテキストなので、かなりロングセラーですよね。


とりあえず、1冊試してから、その様子を見ながら別のテキストに移行します。

また、エレクトーンの生徒さんに少しピアノを弾いてほしいな、と思うときにも
この本がとても入りやすいという気がしています。


そして、実際、エレクトーン譜では自宅練習が困難だった生徒さんも、このテキストに
変わってから自主的に練習するようになった、ということもありますます愛用しています。



子供対象と決め付けず、もしかすると大人の生徒さんの導入にも最適なのでは?
と、思ったりしています。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示