暗譜のたのしみ

2013/01/25 Fri 01:29

コード

東広島市・八本松のピアノ、エレクトーン教室です。

私は今、ジャズのお店でピアノを習ってて、レッスン後によく「ハイ、なんか弾いて」って
言われるので楽譜を持参してますが。


それでもうっかり車に置き忘れたりして、ナシ!ってことがあります。


最近では、先生も「楽譜ナシで弾けるようにしておかないとノリが
出せないから暗譜しといて」ということで、なんと暗譜。


でも、よく考えたら当然ですし、


お友達や親戚のおうちに行ったときに、「さぁ、何か弾いて」という
ことはよくあることだと思います。


そんなときに

「楽譜がないと弾けない」

と言ってたのでは、もったいないですね。


学校、病院・福祉施設、カフェなどピアノが置いてあるところも増えています。


今までレッスンの中で「楽譜を見ながらよく弾けていたら合格」にしていました。


でも、これからは暗譜を多く取り入れていこうかなって思います。
ハードルが高い気がしますが、子供は覚えられるんですよね。


ただ、よく練習する子じゃないと、暗譜まではたどり着かないので、
サボらないように強くおススメしています。


私はアラフォーですが(;^ω^)、まだ新曲の暗譜、な・ん・と・か・できます。
(忘れるけど)

だからどうしても覚えきれないときは、上のようなコードを書いたものを見ながら
覚えることにしています。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示