シクラメンの寄せ植え

小学校3年生の女の子、夏に始めて、3か月でオルガン・ピアノの本①終了。


ものすごい頑張り屋さん&意欲的で「次に早く進みたいの~!」と、
いつも雄叫び(?)をあげていて、励まされる限りです。


お母様も非常に協力的で、課題の部分やスケール、カデンツまでご自身で
弾いて下さっている様子で、いつも感謝でいっぱいです。


カノジョは、フジグランのエレクトーンコンサートでエレクトーンの演奏の
迫力に圧倒されて、「ぜひ、エレクトーンをしたい」と渇望しています。


その一方で、ピアノを見ると、どうにも心が揺らぐのだとか(笑)。


なんだか、私みたいヾ(;´▽`A``
子供の頃、そごうデパートで・・・きらめくシャンデリアの下にグランドピアノが
置いてあり、自動伴奏だったものの鍵盤の動きに興味津々。

福屋に行けば、エレクトーン・デモンストレーターのお姉さんが足鍵盤を器用に
弾きこなしていて、目が釘付けになったり。

3年生頃に「エレクトーンをやりたいの~!」って親に言って、却下されたこと。


それでも、あきらめきれず、結局、ピアノで基礎を積んだ後、念願のエレクトーンに
のめりこみました。

グレード試験では、どうにもノれない課題曲(JOC)にオリジナルのリズムを
創作したものを弾いたり、データ楽譜未発売の「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の
オーケストラ譜を元に、シーケンスのデータを作成してみたり。


・・・で、Iちゃんは目下悩んでいる最中なので、その間にリズム感をしっかり植えつけて
おきたいと思っています。


エレクトーンは、足鍵盤、ボリュームペダル、サスティン・ニー・キー、足の親指、小指
まで同時に使うのです。


足鍵盤は両足を使うこともあります。


歌いながら、楽器でリズムを打ちながら、ステップを踏む、といった一見遊びっぽい
訓練もしています。


スポンサーサイト
エレクトーン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示