スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSC08341.jpg

昨日は6歳のT君とレッスン。

はじめて2か月。


「オルガンピアノの本①」では楽譜の進行が速すぎたので、「ぴあのどりーむ」に
変更してみると、楽譜をしっかり読めるようになってきました。


でも、今週、急にタッチがしっかりし、楽譜も落ち着いてよみこなせるように
なったので、なぜなのか聞いてみるとキーボードを買ってもらったのだそう。


もともとおもちゃピアノだったので、格上げになって、毎日練習しているそうです。

それも、最初のページから1曲ずつ丁寧に弾いていて「楽譜を見ながら弾けるのが
嬉しい様子」とお母様がおっしゃっていました。

T君はエレクトーンの操作もすごく速いし、カンも良くてさすがに男の子だな~と
思います。女の子はメカ操作にあまり関心を示さないので。


男の子は、比較的記号に強いので、譜読みが速い子が多いです。
スケールなども一度で習得してしまう子もやはり男の子でした。


男性がピアノを上手に弾いている姿は、株が急に上がった
かんじがしたり、目の錯覚なのか素敵に見えたりします。


もともとピアノは、西洋の成人男性のために作られているものであり、
楽器の演奏じたいは男性ホルモンのなせる業なのだそうです。
          ↑
     ヘレン・フィッシャー著


そういえば、ミュージシャンのお友達を見ていても、ヴォーカリストは
女性が多いのですが、楽器プレイヤーは男性が大半を占めています。


楽器は男性に向いていると確信しています。


私ですか・・・?


見た目には表れていなくて。
趣味も、インテリア、手芸、ガーデニング、アロマ・・・とふつう。


でも、親友に言わせると性格は実は男っぽいらしいです。
(^_^;)自分では気づかなかった・・・


好きな曲も、男っぽいというか、おじさんくさいものが多いみたいです。
スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。