兄弟デュオ

2017/04/12 Wed 01:51

tiketto

画像は廿日市市さくらぴあのサイトよりお借りしています。


12日はレ・フレールのコンサートに行ってきました。




兄弟デュオ、で有名なのですが、7人兄弟の3番目(長男)、と5番目(次男)の
二人がプロのピアニストになったそうです。

なんとも羨ましい話。

兄弟は息が合いますからね☆

何度か広告を目にしていて、気になっていたのですが、
前日になってチケットを取りました。

金沢オーケストラとの共演で北陸2か所、大阪、広島の4か所でしか
行われないコンサートだったので、すごいことだと思います。

廿日市市さくらぴあで行われていて、こちらのホールは初めてでしたが
立派な造りだったのでびっくりしました。

やっぱりピアノって楽しいよね☆と思わされるステージ、圧巻でした。

ディズニー・メドレー


子供にも親しみやすい曲も多いみたいですよ。



上達するのには困難なこともあるけれど、こんなふうに弾けるように
なるのだから報いは大きいと思います。


私も妹とデュオで連弾をしていましたが、先生と連弾するより息がぴったりだったので
発表会で、先生と組むはずだったのを急きょ取りやめて、妹とデュオで出たりしてました。


今も、生徒と連弾で遊んでいるのですが、生徒さんだと密着してしまうのが
恐縮だなぁと思うのですが、妹とだったら全くそんな遠慮もないですし。



現在、習い事のピアノとしては女の子のピアノ率が高いですし、
「ドレスを着てピアノを弾く」というイメージが定着しているか、と思われます。


でも、ピアノは元々成人男性のために作られたもの。


ピアノを弾くには力も必要ですし、男性がピアノを弾く姿が映えるなぁ、と思います。

小さな男の子はなかなkレッスンをきちんと受けることが困難かと思いますが、
少し大きくなってからでも構いません。


こういうプロになられる男性も始めるのは、斉藤守也さんの場合12歳だったそうです。
周りの方やプロの方も、高校生くらいから興味を持ち始めた、というケースも多く聞きます。


男の子は趣味への優先度は高く、興味のあることのためには
社交や寝食忘れて没頭するので、女の子と比べると一気に上達する場合が多いです。

先生の力をあまり借りなくても、自分で探求して成長することもしばしば。


女の子とは、上達方法が違うようです。


興味を持たれたらぜひピアノを弾けるようになってほしいな、と思います。



スポンサーサイト
発表会・イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |