今日は中学校の文化祭でした。

文化祭本番
お母さまが、
「本番、うまくいきました!」

って動画をLINEで送ってくださいました。

LINEは動画も送れるんだ~、便利~☆


私はLINEはPCでもやってるので、スピーカーを
ガンガンに鳴らして本番さながら良い音で聴けるの。


間際になって本人から、

「ここの部分がきちんと弾けたためしがありません!」
3日前だよ、おいおい・・・(;´・ω・)

と言ってきた。

よ~く見ていると指使いが1つ違うんです。

「そこの指・・・4でなく3で取ったらどうかな?」

というと、たちまち弾けるようになり、手を取り合って喜んだ、
という事件がありました。


                       ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


以前に、大人の生徒さんから

「指番号ってどうやって決めるんですか?」

と聞かれて、ハッとしたことがありました。


ピアノは88鍵あって、指は10本。

指くぐりや指かえは必須だけど、習った
ことがない人にとっては

「なんでその指を使うの?」

と疑問ならしい。

ピアノには(音楽には)、それぞれ調というものがあり、
明るい調子の曲は長調と言い(英語ではメジャー)
12の調性があります。

また暗い調子の音楽は短調といい、(英語ではマイナー)で
12の音階と和音があります。


マイナーの和音はふつうの音階にたいして、和声的短音階、
旋律的短音階というさらに2種類の音階があります。




指使いは、それぞれの調性に対して決まっているので
、基本的にはそれに従って決めていきます。


大人の方で独学されている場合、「音階とカデンツ」という
基礎の部分を省いて曲が弾けるようになっている場合が多い。


だから、限界がきやすい、ともいえます。


でも、大人になってから音階やカデンツを弾こうとするとイヤに
なってしまうことが多いんですよね┐('~`;)┌


なので大人の方にはむりに書かない、かな。


子どもさんの場合は、ココは重要ポイントとして覚えるまで徹底的に☆
すると、正しい指使いが決まるんですね。


子どものうちに習うだいご味というか、おいしいところはこの辺にも
あるかもしれません。

              ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

当教室では、新規の生徒さんの募集は停止しております。

新規募集の際は、HPまたはブログにてご案内させていただきます。

ご訪問ありがとうございました。



スポンサーサイト
レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |