秋の体験レッスン

2013/10/18 Fri 01:03

秋の体験レッスン&ご入会が始まっています。
もうすぐ4才さんママからのご連絡がありました。


今までは3才さんだと、ちゃんと音符が読めるのかな~って心配だったのですが、
この年で自分から「ピアノを弾きたい」っていう子は、落ち着きがあり、しっかり
している子が多いですね。



当教室でも、思いがけずやる気があって、ぴあのどりーむをYouTubeで研究し、
テキストは2巻なのですが3巻のラスト、かなり難しい曲を独学している子がいます。



当然、むつかしすぎて悔し泣きするんですけど、弾けるようになった暁には、
「ピアノって、めちゃくちゃ楽しい!」って言ってます。



まぁ、特殊なケースなのかもしれませんが、自分もこのくらいのやる気があれば、
どんなに大物になっただろう・・・と思います。



あくまで私の希望なのですが、「練習なんてキライ」っていう子よりも、
「ピアノ、弾きたい」って思ってくれているような子に来て頂ければ嬉しいな。



急に寒くなり、「寒い、寒い」とレッスン中に言ってた子がいたので、昨日、ファンヒーターを
出しました。


でも、13日の日曜日、自分のピアノの練習をしていて、あまりに暑かったんで、午後3時には
いったん休憩したんです。


この気温差のせいで、風邪引きさん続出。
みなさまも体に気を付けてお過ごしくださいませ。


        *********************


れいこ音楽教室では若干名、生徒さんを募集しております。
場所は音戸工作~川上神社の間です。



電話;090-9460-7100

お気軽にお問合せください。




スポンサーサイト
体験レッスン | コメント(0) | トラックバック(0)

寝ながら上達する方法

2013/10/17 Thu 14:32

新しい画像 269

ピアノは、毎日練習が必須だから「1日15~20分は必ず練習してね」ということで、
練習を習慣にしてもらおうとしています。

でも、実際には毎日練習できる子って、ごくわずかなんですよね。


遊ぶのや学校の宿題、他の習い事などがあって、ピアノに費やせる時間はあまりない
かもしれません。


私自身のことを考えても・・・毎日黙々と練習に励むタイプじゃなかったかも。

そして今も、なのですが、そんな私の練習法は脳科学のちょっとしたコツを使ってます。


それは、

「集中」と「寝かせる」

の2つです。

コツコツAタイプなら問題ないですが、集中力が短く、おうちゃくなOタイプは、
「集中」と「休み」の間をうまく使いましょう。


中でも睡眠と上達って深い関係があって、休んだり、眠っている間に前葉頭(短期記憶)に置かれた
記憶が海馬(長期記憶)に到達します。





まず、週末など休みに入ったら、出来ない箇所をピックアップし、2日で100回くらいを
その部分を何度もひきます。


目安としては、「もうこのページは見たくない!」というくらいが妥当。


(大人の場合は、弾けない箇所というのは16小節くらいなので、数時間かかりますが、
子供の場合は、たいてい1小節くらいなので、20分程度でしょうか。)


2日続けてそれをやった後、何もせずに1日寝かせます。
睡眠中に記憶が整理されるので、これで、7割くらい弾けるようになっています。


4日目は、全体を通して弾けるかどうか確認します。
この時点で、だいたい弾けるようになっているはず。


そして、レッスンの前日に復習をかねてひいてみると、大体できるようになります。


「土日は遊びが忙しくて、できな~い」という方。



レッスンが終了後、すぐ取りかかるとより効果が高いです。
しばらく経ってしまうと、弾けていた箇所も弾けなくなっている場合は多いですしね。



3日で履修できるレベルの宿題を出すようにしていますので、どんな子にも無理なく
続けていただけると思います。





Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
新聞


今週の地元新聞「プレスネット」に掲載して頂きました♡


ブロガーとして紹介して頂いたのは初めて。
地元ならではの嬉しいサービスですねぇ・・・


白黒の予定がカラーになっていてオトク感な気分。


屋号を考えたときに、最初は苗字のほうを考えていたのですが、ちょっと堅苦しいかも、
というご意見もあり名前を使うことにしました。


最初は恥ずかしかったですが、初対面の体験レッスンから名前で呼んでもらえてすごい
嬉しいんです。


いつもブログを書くときって、けっこう時間がかかったり、見直したりするんですが、
掲載された記事⇒に限って、力が抜けていて、そのまんまの記事でした。


脱力って、ピアノだけではなく何事においても大事なんですね。





Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |