もうすぐ終わってしまう、花かんざし。

DSC08943.jpg

カラオケが健康にイイって、よく聞く話ですけど、どこがどのように
効くのか、本に書いてあったのでシェアしていきたいと思います。


このGW、ご家族そろってストレス解消をかねてカラオケに行かれてはいかがですか?

以下、「自律神経失調を改善する100のコツ」という本からの抜粋です。


<カラオケの効能>

①筋肉を鍛える

カラオケ呼吸は、横隔膜を上下させて鍛える効果があります。


下腹も上下させるので、おなかや腰の筋肉がきたえられ、下腹部の引き締めにも
有効です。


②血行を促進する

筋肉が動けば筋肉の間にある血管の収縮運動がおこなわれます。
よって、心臓の動きが活発になり血液の循環がよくなります。


③体内や血管の浄化

カラオケ呼吸では、肺に新鮮な酸素が大量に入ります。
酸素は肺から体全体の血管にも送られ、逆に体の組織や細胞の老廃物と
交換されるのです。

さらに、老廃物は汗、呼吸、尿や便になって排泄されます。


④自律神経のバランスを保つ

人前で歌うと緊張します。そして1曲歌い終わるとリラックスします。
この緊張とリラックスのバランスが自律神経に良い影響を与えます。

四六時中緊張していると血圧は上昇し、リラックスばかりだと脳の老化や
ボケが進みます。双方のバランスが大切です。


⑤ダイエット、運動効果

おなかから大きな声を出すだけでも運動になり、1曲を歌えばかなりのカロリーを
消費します。本気で10曲歌えば1㎞走るのに匹敵する運動量になります。



⑥ストレスを解消する


大きな声で歌うことは、体内の老廃物を発散し精神的なストレスも発散できます。
(うまいヘタは関係なし)

腹の底から声を出していると、脳全体の活性が亢進し、脳下垂体を刺激して、
自律神経のバランスや働きが正常になります。

性格も陽気になり、前向きになっていきます。


⑦認知症を予防する

歌詞を覚えるようにすると脳は活性化し、有効な認知症の予防になります。
また歌詞の内容から、その情景をイメージしてみます。

たとえば、過去の体験など歌の主人公になりきることが重要。

すると、脳が刺激され、若返りホルモンや性腺刺激ホルモンが分泌されて肌が
うるおってきます。


カラオケはけっして無意味な遊びではありません。

近い将来、老人医療や内科的医療、リハビリなどに必ず利用されるときがきます。

・・・とのことです。*。:゚+!ヾ(o´▽`)ノ゙+゚:。*゚+.
スポンサーサイト
Blog | コメント(2) | トラックバック(0)

3~4歳のレッスン

2013/04/29 Mon 01:44

アネモネ八重


土曜日は、偶然にも3,4歳のレッスンが続きます。
3才はとても小さくて「最近、地球に生まれました☆」といわんばかりです。


1人は、お兄ちゃんがいっぱいいる、末っ子の、おっとりかわいいお嬢さん。


1人は、口が達者で、子供語からオバサン用語まで巧みに使いこなしている
おませさんタイプ。


あまりにも個性が違うので、毎回ウケすぎて、笑いをこらえるのが精一杯です。


以前だったら、あまりにも小さな子はレッスンが難しいかな、と思っていたのですが、
テキストが上手に作られているので、小さな子にも対応できるようになりました。


もちろん、このコたちがしっかりしており、集中時間も長いおかげだと思います。


私は、少々せっかちなので、「早く成果を出さなきゃ」と思いがち。

「この本を使えば、これくらいのことを習得できる」という明らかな保証がある
テキストを使っています。


そんな私に、このぴあのどりーむ幼児版は、救世主でした。


絵がかわいいし、アンサンブル用の楽譜もついています。
その伴奏のアレンジが、情景にピッタリ応じた素晴らしい伴奏なので、
毎回、感動があります。

子供たちも、「アンサンブルをやってくれ」と、私に指示するほどです。


エレクトーンで弾けば、情景に応じて音も替えることができるので、とても使いやすい
教材になっています。

今日のおススメ曲はボサノバ。昨日のトゥーツ・シールマンス。
 ↓  ↓  ↓

☆ドルフィン☆
教材 | コメント(2) | トラックバック(0)


facebook友で、ムードサックス奏者のデューク佐々木さんがオススメされて
いたトゥーツ・シールマンスの動画。


「夏は、海岸通りをドライブしながらボサノバがいいね~」ていう感性をお持ちの
彼のセンスはけっこう好きです。


今回も「他の音楽をかけていて、雨が降ってくるとこの人の曲に変えちゃうんだよ」
というおススメのトゥーツ・シールマンスを聴いてみたところ。

ホントだ、雨の日に似合う(*^m^*)


雨じゃなくっても、疲れてだるい朝とか、夜、まったりんこしているときなど
にもハーモニカの音が、スーッと心にしみてきます。


CD・DVD | コメント(0) | トラックバック(0)

思春期のレッスン

2013/04/26 Fri 01:06

昨日は、郵便局からお電話があり、「チラシはもう下げたんだけどお問い合わせが
来てるので、電話番号教えてもイイ?」ということで一時間後にお話。


すると、今から行きます!って仰って、きちんと準備できていないにもかかわらず、
速攻で体験レッスン、即ご入会して頂き、あまりの速さにびっくりでした。


レッスンとレッスンの間の休憩時間の出来事でした。
体験レッスンの準備・・・ふだんからきちんとしておこう、と反省した今日この頃。

アネモネ


小学生低学年は、内容をバランスよく偏らないようにしていますが、
中学生前後になると、レッスンにも個性が出てきます。


もう、半分、大人ですから、その大人の部分を尊重します。


コースを作ったわけじゃないのに、気づいたらこんなにコースができてました☆


①ハノン+ソナチネ、という超王道(部活が忙しいのでこれ以上はムリ)

②ハノン+バイエル上級+レパートリー(でも、本人はレパートリーのみに力が入っている)

③バイエル上級+自分で選んだ好きな曲

④好きな曲のみ


私はその頃、安川加寿子さんのピアノテクニック+ツェルニー+ソナチネ+バッハ。
計4冊、魔の王道ですが、もう少し楽しみがあっても良かったかな、と思いました。



今でこそ、「ソナチネって、いい曲だな~」と思えるのだけど、当時は少しお堅い気が
してました。



ただ、「好きな曲」というと、どうしてもレベルが合わないものが多くなって、
難しすぎたり、修正が大変すぎるものがあるので、時々「失敗!」って思うことも。



そんなこんなでパニックになりながらも、好きな曲だといつも以上の集中力が
出るのか、お姉さまたちは、がんばって上手くなってくれてます。



この年齢くらいまで、なんとか続けていると、何かがつかめてくる感じがあると
思います。今日もみんなのお尻に軽~く火をつけて☆がんばっております。

レッスン日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

年配の方のピアノ

2013/04/25 Thu 01:07

さくら門

60代?くらいの方から、お問い合わせをいただきました。


最近、体のいろんなとこころを治療しておられて、病院に通うのが忙しい・・・
ご様子でした。


私も、あ~、定期健診に行かなきゃ、歯医者さんにも、鍼灸接骨院も探さなきゃ、
みたいな日々で、病院・・・なんだか、ココロが重くなってきます。


ところで、話が音楽にそれますが☆


ふだん、家にいるときは、itunesのネットラジオにある膨大なチャンネルの中から、
ジャズ、ボサノバ、クラシックを選択して、その日の体調に合わせてきいてます。


★itunesのダウンロードページはこちら★



朝はクラシック、夜はジャズが良いバランスかな、と最近思うようになりました。


それでも、もちろん癒しになります、が。



でも、自分でピアノの音を出して弾いてみると、その方が重いココロも少し爽やかに
なるような気がします。


特に、難しい曲じゃなくってもいいんです。


レッスン用の保育唱歌などは、カンタンだし、明るいし、単純な分、耳に残りやすい
音なので弾いていると、頭がシャキッとしてくることもあります。


昨日は「犬のおまわりさん」を練習してましたが、重い体調も少し軽くなり、
レッスンで、子供たちは盛り上がっておりました。



百聞は一見に・・・という例えは、当てはまらないかもしれませんが、
聴くのと弾くのでは大違い、と言いたいわけです。



実際に自分の指を使って音を出すのは、ただボ~ッと聞くよりも、
頭とココロにとって、はるかにプラスになる要素が多いです。


さて☆


その方は、プレスリーの「好きにならずにはいられない」という曲を弾きたい、と
仰ってました。


楽しみ・・・*。:゚+!ヾ(o´▽`)ノ゙+゚:。*゚+.
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »