おとなのピアノ

2012/07/31 Tue 01:35

51SY2WVJ2FL__SS500_.jpg

私は大人だけど「大人の生徒さんの気持ち」を心の底からはわかってあげて
ないかな、って思うことがあります。

指が動かなくなれば、ハノンやツェルニーでサッとトレーニングを始める
ことができるのも、子供のころのベースがあればこそできることです。


ピアノ講師は、子供のころからハードなトレーニングを積み重ねてきたので
大人の生徒さんが何を求めていて、どんなことが嫌なのか分かりづらいのでは
ないかと思います。


中には、ハノンやツェルニーがそれほど嫌いではなく「けっこう好き」っていう
先生もいらっしゃるのでは。


でも、大人の生徒さんは実は。


*練習曲にはつまらなさと窮屈さがある。

*でも、頭の中にどんなに優れたイメージがあっても肝心の指が動かなければ
 どうしようもない

*でも、基礎なんてあまり長い時間やりたくないのも事実。


な~んて考えを持っておられるのではないでしょうか。 (o^-^o)

ココって講師にとってはけっこう分かりづらい部分です。

オリンピックの選手と同じですから「プロにならなくてもいいが、見栄えよく
プロっぽく弾きたい」と言われると、アタマ痛くなりますよね?


ココを乗り越えられれば、子供さんのレッスンにも応用できるのではないかな。



基礎練習をしたくないがために回り道をし、独学で英雄ポロネーズを弾きこなした
広瀬さんのおススメ練習法。


大人の男性の視点、女性の好きな練習法、大人の方がいかに「基礎練習が嫌か」、
ピックアップ練習法も取り上げられていて参考になりました。
スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

サマーコンサート

2012/07/30 Mon 06:21

DSC07560.jpg


西条駅前の中国新聞販売所2f「小泉ホール」7月29日(日)バスティン研究会の
「スタンプラリー」コンサートが開催されました。

出演者が40名と多かったので10時と11時の2回に分かれています。

私がバスティン研究会に入ったのが最近なので急でしたが、1か月前からの練習で
みんな本番にのぞんでくれました。

いつになく緊張した面持ちの子たち。

小さくても緊張するんだなぁ、と感心するやらかわいいやら。


講師演奏ドビュッシー

講師演奏で、まったりなひととき・・・


うちは急ぎだったので、1人1曲でしたが、2曲弾くことも可能なので、
次回、短い曲の人は2曲準備しようと思っています。


DSC07583.jpg


私の生徒さんは2部出演だったのですが、2部のほうがお客さんが多いのか
立ち見になっていました。


やっぱり子供の発表会って、親だけでなくおじいちゃんおばあちゃんのおたのしみに
なるので、がんばらねば!と思います。


次は搬入の問題が難しいエレクトーン。
人数が少ない大人の生徒さん。


この発表会をどうするか、現実的に考えなければいけません。





ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

主婦のための手帳術

2012/07/23 Mon 01:44

7086051247_9e9e6bf56c.jpg

今日は、音楽にあまり関係がありませんが、主婦しながら仕事をされて
いる方に必見の本をご紹介です。


「スケジュールはガラガラだけど、雑用でいつも忙しい」
「自分の時間が取れない」


主婦のお仕事は無限な上に、達成感が少なく、ねぎらってくれる人もいないもの。


人生が輝く!主婦のための手帳術


主婦にスケジュール帳は要りませんが、さまざまな雑用を効率よくこなして、
自分の時間をたくさん作る合理的な方法が書かれていました。


時間を作ってカフェを開く方法まで細部にわたり紹介されていました。


フセンやマスキングテープを使った手帳マジックなので、文具の好きな
方にも楽しく読めると思います。


黒皮でなくてもビジネス用のオヤジ手帳は、雑用の多い女性には使いこなしにくい
アイテムだと書かれているのが妙に説得力がありました。


持ち歩く「紙製のノートパソコン」作り。


100%使いこなせる実践手帳のカスタマイズ、楽しそうなのでやってみたいと思います。




Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

エレクトーンジャズ

2012/07/20 Fri 01:01

中学生さんには、レパートリーのセレクトは自分の好きなように
お任せしています。

「モチベーションアップするものにしてね」…とだけ。


今までは、pops、ディズニーが中心でしたが、最近クラシックを選んでくる
ようになり、昨日はジャズ。

Mちゃんは中2ですが、大人になったなぁ~・・・と、少しびっくりしました。

こんな小さい子も弾いているんですね。


くるみ割り人形・ジャズアレンジ


以前に小学生の男の子に、ケニー・gなどのフュージョンを貸し出したことも
ありますが大人になるとキーボーディストになってたので、滋養ににして
くれたのかな~という思いも。


テキストの内容は、ビッグバンドジャズ風だったのですが、あいにく私はビッグバンドの
CDを持っていなかったのでとりあえずビル・エヴァンスのcdを貸出しました。


でも、なんだかだんだん自分に似てきたような。


私はジャズとクラシックは好きですが、強要した覚えはないし、小さな生徒さんに
「ジャズが好き」と言った記憶もない。

感染するのでしょうか。


ジャズは、自分で履修するのさえ、けっこう難しいジャンルですが、教えるとなると。
ジャズの基本のノリは弱拍(ウラ)を強調し、4拍目をちょっとだらしなく?弾く。


クラシックから来ると、その4拍めをハネてしまいがちなので、ルーズ感をセンス良く
演奏しないといけないのですが・・・

また課題が増えました。

ちなみにブログを書きながら聴いているのは、ハワイアンジャズなのです。
ぜんぜんジャズっぽくありません。(^^;
エレクトーン | コメント(0) | トラックバック(0)

納涼*ラテンの基本

2012/07/18 Wed 01:10

サンディシュ

お友達がみんな家庭人になっちゃったので、あまり居酒屋に行く機会もなくなりましたが、
夏の居酒屋で流れるレゲエが大好きでした。


その頃は居酒屋ブームだったのかな、趣向を凝らしたところがたくさんありました。
今は、カフェブームが取って変わったのかな。


レゲエはあまり演奏する機会がないので、はしょります。

タンゴは、マジメな日本人にとってあまり説明する必要のないくらいとっつき
やすいジャンルなのでこれもはしょります。


夏といえば、情熱のラテンでしょうか。

エレクトーンでの履修は、タンゴ、チャチャチャ、ビギン、マンボ、メレンゲ、
ルンバ、サルサくらいです。


cha-cha-chaは、「おもちゃのチャチャチャ」でも有名なリズムでラテンでも比較的
とっつきやすいアイテムです。


1950年代キューバ生まれ。ギロがタンタタ、タンタタというリズムを奏するのが特徴。

DSC07532.jpg


ミディアムテンポの歯切れの良いリズム。「スイートアンドジェントル」などが
代表曲です。



エレクトーン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »