FC2ブログ
マリメッコ
東広島市・八本松のピアノ、エレクトーン教室です。

今年も9月にはピティナピアノステップに参加するため、
6月ごろから準備を始めています。



本番まであと1か月くらいになりました。


そろそろ皆さん、仕上げに入っていますが、今の時点でよく注意していることは

「安定した速度で弾くこと」
「ゆっくり練習すること」



毎回、これを口酸っぱく言っていてきっと生徒さんたちも耳にタコができていると
思いますが、ピアノ初級者、特に小さいお子さんはこれが難しいのだと思います。


ピアノの楽譜というのは、どの曲でも必ず難しい部分というのがあり、
その部分に差し掛かると緊張して、テンポを一定に保つことが難しくなります。


また、動画の普及で速いテンポの演奏を聴きすぎてしまい、
そのイメージから離れることができなくなり、
ゆっくり練習をすることが困難になることがあります。


その場合は、あまり動画を見すぎないようにしていただきます。


難しい部分をごまかしたり、ごちゃごちゃと弾いてしまうと、
結局スマートに聴こえなくなってしまい、


あんまり上手ではない演奏


というイメージが出来てしまいますので、とにかくゆっくり丁寧に仕上げます。


その人が弾ける範囲でベストな速さを作って、安定した演奏をすることが
きれいに聴こえるコツです。


ヒャクニチソウ


今年は秋季ステップも大ホールでやることになりました。


レッスン室ではちょうど良い音でも、実際大ホールで弾いていると小さい音に
聴こえてしまうことがあります。

なので、

「大ホールだとしたら、どれくらいの音量で弾くか?」

ということを一緒に研究しています。


  ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

現在来られている生徒さんの妹さん(年少さん)が、

突然、

「私はピアノの先生になりたい!」と言い出したので、
「来年の4月くらいからお願いします」ということで、
7月の時点で、来年のご予約を頂きました♡


また大学受験生が、


「シューマンの飛翔!これぞ、私の今のテーマ曲です!
夏休みにはステップに参加したいです!」


と、前向きに考えてくれていましたが、受験のため来年まで
そこはお預けとなりました。


さて、来年は復帰があるのでしょうか。


まだ夏ですが、来年のレッスンのご希望がありましたら
お気軽にお問合せください。



スポンサーサイト



ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

おススメの電子ピアノ

2019/04/02 Tue 01:53

nu1x.jpg
東広島市 八本松 ピアノ・エレクトーン教室です。

自宅は広島市で築22年のマンションです。

物置になっていた暗い北側の5,8畳をなるべく明るくなるように
改装中。


白い壁紙となるべく明るい色の家具で暗くならないように
頑張っていますが、昼間でも電気は必要。


実はもう1つ北側に部屋があり、合計2部屋が北側
なんです。


実家など一軒家だとそんな暗い部屋っていうのは存在しないので
マンションはちょっと損だと感じます。


音には気を遣わないといけないので、電子ピアノを購入しました。

ヤマハのHP

いかにも電子ピアノというのは抵抗があるので、なるべく本物に近い
デザインと質感、それからタッチです。

何をさておいてもタッチが本物のピアノに近いことは、どの演奏者でも
気になってしまう部分。

本物のピアノのハンマーアクションを使っているのでタッチが
よりピアノを弾いているときのような自然な使用感があります。


音色はYamahaのCFXというコンサートグランド、
ベーゼンドルファーという2つの音色を再現しているので
アップライトを弾きながらも音色はグランドピアノということです。


ちなみに私自身は、小さい時からヤマハのキラキラした音色に
慣れているので、ベーゼンドルファーの音色はくもっている気が
してしまいます。


そして私は「ヘッドホン」には非常に抵抗感があります。
音がくもって聞こえたり、変質してしまうから。


でも、その点昔よりヘッドホンが進化していて、
使用していないときと同様なクリアな音色rで違和感ありません。

ヘッドホン無しで弾いた時とヘッドホン付きで弾いた
時と、あまり変わりがないです。
むしろ、した方が音は良い?と思うくらい。


ただ、ピアノに付属でついてきているヘッドホンの質が良いのかも
しれません。


昔の古いヘッドホンだと台音が悪くなったので
ヘッドホンの質の良さにこだわったほうが良いと思います。


デザインと大きさについていえば、お部屋を格調高く見せてくれて
引き締まった感じがあります。



黒なので大きく見えますが、実際は奥行きが46cmと小さいのです。
カラーボックス3個分くらいです。


私の部屋は5,8畳ですが、ベッドは置かないのでコンパクトに収まって
くれてます。


本棚もホワイトなので部屋を圧迫することはありませんし、
デスクなどの方が大きいと感じます。



ついでにうれしいBluetooth。
ピアノで接続すれば、YouTubeも聴けるのでステレオ代わりに
なります。



とてもバランスの良いオーディオで、お部屋の雰囲気も良くなります。
私はジャズを聴くのが好きですが、落ち着いたカフェっぽい雰囲気に
なりますよ。


ただし、CM]が流れてきたらそれもそのまま雰囲気は壊れますね。


他の部屋でBluetoothを使っていると二重に重なってくるのが
困りものです。



良いことづくしのように見えますが、気になることとしては
本物ピアノに比べると鍵盤のどこかが硬いのか、
少し下手になったように感じます。


それから、ヘッドホンで演奏していると高音はうるさく感じる
ときがあります。(そういうときはベーゼンドルファーの音に
替えています)


本物のピアノに触れるとやっぱり音が丸いし上手に聞こえるので
本物・・・とまではいかないのかな、と思います。


これからピアノを始められる方にいかかがでしょうか?


ところで☆彡


インスタで、超絶技巧ピアニスト(どの動画もすごいです)が、
フォローしてくださったので⇒フォロー返し必須…かなぁと思ってました。


しばらくすると、ハイブリッドピアノを購入されてて意表を
つかれました。

こんなにすごい方でも練習用ピアノ、ハイブリッドピアノを
使われるのですね。


その方はcasioにされていて、しまったかなぁ・・・と思うこの頃です。



ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

コード奏法ができるレベル

2019/03/12 Tue 14:34

春花
東広島市・八本松のピアノ、エレクトーン教室です。

楽譜が読めるようになり、「チューリップ」や」メリーさんの羊」
くらいだったら初見で弾けるレベルになれば「コードで弾くピアノ」の
1巻を使ってC、F、G、Amなどを使い色々な曲にチャレンジしていきます。


不思議なことに、コードが2つか3つあれば弾ける曲って意外とたくさん
あるんです。


ただ、ピアノを全く触ったことがない方がいきなり3つの音を同時に
押さえる、というのは難しいことなので、ある程度ピアノを弾く
ことに慣れてきたら…ということになります。


私は自分が小さい頃からピアノをやっていたので、いつどのように
三和音が弾けるようになったのか記憶がありません。
(きっと母がスパルタ特訓をしたのでしょう・・・)


コードネームに触れたのは中学2年生あたりで
エレクトーンのテキストを友達に借りて勉強しました。


子供だったので、案外すんなり入ってしまったので、
コードは簡単だ、と最近まで思っていました。


ただ、多くの子どもをレッスンしてみて

「3つ音を同時に鳴らすことは結構大変なことだ」

と思うようになりました。


高校生、大学生である程度指がしっかり発達した人でも
同じです。
年齢が高い分、すんなりなじめなくてギクシャクしがちです。



まずは既存の楽譜をしっかり読めて、弾けること、
音階とカデンツがきちんと弾けることができた上で
スタートです。


簡単にコードを押さえられないので、最初は子供さんでしたら
ぴあのどりーむ1〜4、併用としてバーナムピアノテクニックの
本を用いて、段階的に和音が押せるように(弾けるように)
なるまで指導しています。


♪♫•*¨*•.¸¸​❤¸¸.•*¨*•¸.•*¨*ི♥ྀღ •♫♪


当教室では月2回水曜日コースと
月3回(40分)木曜日コースの生徒さんを若干名
募集しています。

お問合せはメールフォームまたは下記のアドレスにて
お願い致します。
       ↓
nicas.dream05@gmail.com







ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)

受験の脳トレにピアノ

2018/05/14 Mon 01:51

今年の冬は寒いですね。

本日、ココ東広島の最低気温はマイナス9,5度だったみたいですが、
雪が降らないので、広島往復ができて助かっています。

ぎっくり腰になっちゃったし、寒くて家から出られない日は、
オリジナルでライン用のスタンプを作ってみました。


水曜日の夕方は中学生~大学生のレッスンを行っています。


中学生の生徒さん、お友達とうちに来られた小学5年生のときは譜読みが
とても難しそうで、特に左手の部分、ヘ音記号の読み方には時間がかかっていていました。


でも、もともと自分のできる範囲で練習はしていて、中学生になると合唱祭の
伴奏を引き受けて、「ムリかな?」と思うような難しい曲を弾くようになってました。

(合唱祭の伴奏はホントに難しいです)

忙しい部活の合間に、細々と無理なく練習を続けてこられることと、
J-POPで自分の好きな曲を織り交ぜることで、

ヘ音記号の読み方がだんだん速くなってきています。

J-POPは左手の伴奏部分の音使いが、複雑で「クラシックより難易度あるな~」
と思います。



でも、「好きな曲を弾きたい」という集中力でだんだん楽譜に慣れてくるので、
結果として、譜読みが速く、うまくなっています。


この曲をやってます↓



教える側としてがは、「もう少し、教本を頑張ったほうが良いかな?」と、
つい欲張ってしまうのですが、

「ずっとピアノを弾きたいと思える人を作りたい」

と思っているので、

まずは好きな曲で、楽しく楽譜を読めるようになってもらおう、と思いなおします。


中学3年生になると、勉強も忙しくなってきますので、ペースを落として
好きな曲を息抜き程度にやったり、音階を弾いたりしてゆるくやっています。


ピアノは脳の動きを活発にするので、勉強をする上でもプラスになることが
多く、「受験だからといってやめるとかえって勉強の能率が下がる」と言う方もおられます。


ピアノを上手に弾ける子の多くは、受験勉強の息抜きにピアノを遊び弾きしつつ、
地元の難関校にも合格しているようです。


受験の時も脳トレを兼ねて、上手にピアノを使いこなしていってほしいと思います。


♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

当教室では子供のピアノは募集を停止しております。
大人のピアノのレッスンのみ空きがあります。(中学生以上)

水曜日月2回で時間帯は14:00~16:00くらいです。
メールフォームよりお問合せください。


ご訪問ありがとうございました。
ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
楽譜を早くスラスラ読めるようになるとピアノはもっと
ラクに上達できます。

DSC00580_20161021221412bef.jpg


その方法について、だいぶ前に7深谷直仁先生の先生のセミナーに
行って教わり目からウロコ。ごく当たり前なのに見落としていること。


その方法を聞いて、即実践の私は生徒さんや保護者の方にお伝えして
いますが、なかなか実践できない、っていうのが現状。


ホントにもったいないですよ!っていくら言っても、なかなか通じないんですが、
絶対やったほうがいいです。


やっている子は、圧倒的に伸びていて、その差は歴然!です。
才能なんてぜんぜん関係なくって、地道にやってる子だけが伸びてます。


その方法は、「国語の成績が上がる方法」と同じ、です。


つまり、学校の教科書を勉強するだけではなくて、読書量が多い子って
どんどん成績が上がる、っていうアレといっしょ☆


なので、音楽に関していえば、

「楽譜を読む量」がそれに匹敵します。

音符は全部同じ形で、線の上に乗っかっていたり、線の間に挟まっていたり
して、読みづらいモノだと思います。


でもね、慣れればどうってことありません。


みんな慣れていないのに「難しいことはやりたくない」って逃げるから
いつまでたっても読めないだけなのです。


読めることと弾けることはまた別のことですが、とにかく読めないことには
前に進まないので、いくらテキトーで弾けても、そこのとこはチェックします。


楽譜が読めて、仮に弾けたとしても次の課題は「リズム譜」というさらなる
難解な壁が待ちかまえています。


音符の定位置はすぐにでもマスターしておいて損はないはず。


導入の子どもには、ぴあのどりーむのピアノ教本とレパートリー集を
渡しています。


ワークブックと合わせると4000円超えになるので、けっこうお高めですけど、
「読書量を増やす」という点で考えると、似たようなレベルの曲をたくさん弾く
ことは大切。

「各ご家庭で、ふだんから楽譜をたくさん買うようにしてくださいね。」
と言っても、たぶんそれは実際には現実的ではないので、買って頂いてます。


あとは、音符カードっていうスラッシュカードもおススメしていて、確実にモノに
なるまで続けてくださいね、って言ってます。


これが定着している子は伸びが早いのですが、やはりこれもご家庭次第。


また、レッスンはじめに、さいきん「新曲視唱」(昔でいうところのソルフェージュ)を
取り入れて、短時間で読譜力を養う訓練を始めました。



自分が小学生のときにやっていた視唱に比べると、曲は
クラシックのオーケストラ曲を抜粋したり、なるべく美しいもの、
かわいい曲で構成しているつもり。



でも、毎週やってると曲数が足りていないので、力を入れて
いきたいのがホントのところ。






ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »