更新が遅くなりました。

あけましておめでとうございます、と言うのも・・・遅すぎますね。

今日も雪が降り始めましたね。


今週末みたいな出かけられないときは、ぜひ、ピアノの練習をいっぱいして下さいね。
お正月の大イベントも終わったので、いちばん集中できる時期ではないかと思います。


音符カード


あと、「音符カード」というのを皆さんにおススメしているんですけど、ゲームっぽく、
遊びの感じでやっていただきたいと思います。


音符カードたくさんやっているお子様は、譜読みがとても速くなっているので、本当に
おススメです。


手作りカードももちろんOKなのですが、音符カードはテキストと形が近いので、
市販のものをお使いになるのがおススメです。


これから「ピアノを習わせたい」とお考えの方も、音符カードを読めるようにして
おかれるだけでもずいぶん上達が早くなる、と思います。


アルファベットや漢字は、それぞれ「形」があり、「図形」から入っていくことが可能です。


それに対して、音符は「全部同じ形」をしています。


五線の場所や音符の色で音の高さや長さをわかろうとするので、文字よりも難しい部分が
あります。


繰り返し練習練するうちに反射的に読め、指が動くようになります。



読めたからって、指がスムーズに動く、とも限らないのですが、とりあえずは読めて
おかないとレッスンにならないのです。



11月23日頃、呉市でビッグバンドのコンサートに出演したのですが、その帰り道
「風邪ひいたかな?」と思ったのです。


12月に入って、「今日は元気よくレッスンできたかな」と思ったその時に、生徒さんの
1人がゴホゴホと咳をし始めて。


レッスンが終わった時には、私も同じ咳をし始めてて。


それを、葛根湯などでだましだましなんとかこじらせないように生活していました。


それから、熱が出る、鼻水、ひどい咳が始まり、すぐに病院に行ったのですが、何度か
繰り返し、最悪最の12月、しかも1月に持ち越しました(;´・ω・)



東洋医では、1月末に「土用丑」があるんですって。
夏だけじゃないのですね。

そういえば、去年もこの時期、こんな話を書きましたね。


その時期は「養生の時期」なので、無理したり外出なども控えたほうがいいみたい。



今週末も寒くなりそうなので、皆さまも無理なさらず、おうちでゆっくりお過ごしくださいね。




スポンサーサイト
教材 | コメント(0) | トラックバック(0)

おんぷカード

2014/06/02 Mon 01:05

音符カード

ぴあのどりーむ①が終わるころには、6つの音を覚えることができます。


でも、このテキストはとっても無理なく作ってあってドの隣にレやシが来るので、子供たちは
きちんと読めていなくても「なんとなく雰囲気で弾ける」ときがあります。


改めて確かめてみると、「実はあまり読めていない」ということもあるので、音読しながら
弾いてもらっています。


それでも、アヤシイ場合、「音符カード」を投入して、確実に覚えてもらうことにしています。


これがけっこう好評で、「今日はおんぷカードしないの?」と催促されるほどです。


実は30分レッスン内で、カードを行うのは至難の業なのですが、私なりのルールを説明して
おうちでやってもらうようにしています。


もちろんお母さんが相手をして下さる場合が多いのですが、意外とおんぷが読めないパパが
対戦相手には向いているみたいです。


「パパに勝った!」


というのが、子供にとっては嬉しいみたいだし、パパも音符が読めるようになるので、
一石二鳥かな?と思います。



>>続きを読む・・・
教材 | コメント(0) | トラックバック(0)

3巻で基礎が身に付く本*

2014/04/27 Sun 01:05


ピアノ教本として「バイエルは敬遠」というのが最近の傾向で、私もかなり使わなく
なってきています。


でも、年配の方が「ピアノはバイエルまで弾いたんですよ。あれは、弾きやすくて
良かったのだけど、ソナチネになると音域が広くなって挫折した。」

と仰ってました。


保育士だった母も、


「バイエルは楽しかった。」

と言ってましたし☆

t00800127_0080012711902399274.gif





「最近の傾向だから使わない」というのではなく、使える所を上手にピックアップして使って
いく、というふうにしたらいいんだろうな~と思いました。


ちょっと話がそれますが。


ミッキーバイエルの併用ワークブックの中にソルフェージュがあるのですが、すごく良い曲だし
考え抜かれた伴奏はとてもきれいで、情操教育に最適と思える内容です。


バイエルを避けるため、そのソルフェージュを使わない、となるのはもったいないくらいなのです。

私が子供のときも、こんなソルフェージュだったらもっと楽しめたのに・・・とつい思っちゃう。
(私が子供のときのソルフェ本は怖いくらい、固い内容だった)


↓それがこれ。
DSC00422.jpg

↓内容。先生方も伴奏に苦労されていました。

DSC00423.jpg




ところでもう1つ。


少し敬遠しはじめているテキストに「〇〇〇」というのがあります。


出版から50年経っているロングセラー教本で、「この本を3巻まで弾けさえすれば、
けっこう基礎が身に付く」と自分の中で(?)決定したテキストです。



ただ、この本を3巻までマスターするにはお子達側にも根気が必要。
教える側も忍耐と苦戦を強いられます。


小学生の中ごろって、まだまだお子たちは集中力がない。
よって、なかなか3巻の終わりまで到達しないのです。

リース



そんな中、無い集中力を振り絞り、ムリヤリ3巻まで済ませた子が数人いるのですが、
やはり読譜の基礎がついている・・・ような。


3年経たずに、これくらいの楽譜が読めるようになっているので私のほうがびっくり。
        ↓


お人形の夢と目覚め/エスティン


他の本だと、なかなかそこまではいけなかったりするのですが、ある程度ご両親も
やる気があり、協力がないと進んでいけないような部分もあります。



私も、この本を終了させるのにけっこうムリをしたし、今も副教材として時々使うけれど
やはり苦戦を強いられているので、少しとっつきにくくなっているのです。


ピティナ・ピアノステップの課題曲としても取り上げられているので、優秀な本なのだ
ろうとは思うのですけどね(;^ω^)


やる気のあるお子さん&親御さんでしたら、使いますよ。
メールフォームか、お電話でお気軽にお問合せくださいね。







教材 | コメント(0) | トラックバック(0)

かわいいテキスト発見

2013/07/11 Thu 01:34

テキストレパトリー

今週始め、店頭に並んでいた最新テキスト☆

はじめてのテクニック


7/6初版だから、購入した私は、全国でもけっこう早い方だと思う。
まったく、かわいいものには目がない私♡٩( ´◡` )( ´◡` )۶♡



ぴあのどりーむとワークブックを使っていることが多いのですが、3巻目に入る頃、
併用曲があったらいいな~と思って、いろいろ見てました。


きらきらピアノシリーズでおなじみの轟千尋さん×イラストレーターの丸子あかねさんの
見た目もかわいくおしゃれなテキスト☆



短い曲がたくさんついていて、挿し絵がとにかくかわいい!ヽ( ´ ▽ ` )ノ ♡
ほんわかしていて色もとってもきれい。


子供が想像を膨らませるのにもとっても役に立つと思うんです。


3年生くらいまでヤマハ音楽教室に行っていたのですが、ヤマハのテキストも
絵がたくさんついている教材だったので、3年生くらいまではそのようにして
あげたいな、と思うのです。



DSC09363.jpg

購入の決め手になった挿し絵、「うちゅうりょこう」

七夕のシーズン、夏空、夜空☆
空への思いが増すときでもありますね。


私が楽しんでレッスンできなければ、子供たちも楽しんでくれないので、
先生も生徒も楽しめる教材を研究していきたいと思います。







教材 | コメント(0) | トラックバック(0)

3~4歳のレッスン

2013/04/29 Mon 01:44

アネモネ八重


土曜日は、偶然にも3,4歳のレッスンが続きます。
3才はとても小さくて「最近、地球に生まれました☆」といわんばかりです。


1人は、お兄ちゃんがいっぱいいる、末っ子の、おっとりかわいいお嬢さん。


1人は、口が達者で、子供語からオバサン用語まで巧みに使いこなしている
おませさんタイプ。


あまりにも個性が違うので、毎回ウケすぎて、笑いをこらえるのが精一杯です。


以前だったら、あまりにも小さな子はレッスンが難しいかな、と思っていたのですが、
テキストが上手に作られているので、小さな子にも対応できるようになりました。


もちろん、このコたちがしっかりしており、集中時間も長いおかげだと思います。


私は、少々せっかちなので、「早く成果を出さなきゃ」と思いがち。

「この本を使えば、これくらいのことを習得できる」という明らかな保証がある
テキストを使っています。


そんな私に、このぴあのどりーむ幼児版は、救世主でした。


絵がかわいいし、アンサンブル用の楽譜もついています。
その伴奏のアレンジが、情景にピッタリ応じた素晴らしい伴奏なので、
毎回、感動があります。

子供たちも、「アンサンブルをやってくれ」と、私に指示するほどです。


エレクトーンで弾けば、情景に応じて音も替えることができるので、とても使いやすい
教材になっています。

今日のおススメ曲はボサノバ。昨日のトゥーツ・シールマンス。
 ↓  ↓  ↓

☆ドルフィン☆
教材 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »