FC2ブログ
安野駅

東広島市・八本松のピアノ・エレクトーン教室です。
加計に廃線で出来た公園があったのをインスタで知りました。



数日前、人間モニタリングという番組で、オードリー春日氏がプロポーズに
向けてピアノ猛特訓、をやっていましたね。


ゆずと春日氏が一緒に「栄光の架け橋」を3人で彼女の前で演奏
するという企画。

先生の模範演奏を聴いたときに

「これは、初心者には難しいわー」

と思ったのですが春日氏、

「できそう」
とのこと。


花公園


そういえば、あまり速くない曲やバラード系ってパっと見、
難しいかどうかわからなくないですか?


たとえば〜余談ですが、「ホール・ニューワールド」ってご存知ですか?⇒
ディズニー映画「アラジン」のテーマ曲。


あれはバラードでとてもゆったりしており一見なんの難しさもないように
思えますが、楽譜はかなり難易度が高くピアノ中級くらいにならないと
弾けないです。



そういえばSmoke Gets in Your Eyes私が今、ひそかに練習しているこの曲も(
一見すると難しそうには聴こえないのですが、楽譜はかなり難しく、
この本の中では一番難しい曲で、てこずっています。


・・・


ところで、春日氏は何日特訓してもイントロでずっとつまづいていて
「右手と左手がバラバラに動くのが難しい」と
しきりに言ってて。


それは分かるけど、そこまで弾けないっていうことはないだろう?って
思いながら見ていましたが。


(もしかしたら、番組上そういう台本になってて本当は弾けていたのかも?)
となど勝手な憶測もしましたが、あまりに苦戦しすぎていて


「そんなに難しいことだっけ?」


と、ついついピアノを弾きに行ってしまう自分がいました。


*:.*.:*:。∞︎。:*:.*.:*:。∞︎。:*:.*.:* 

ピアノをある程度弾けても、それ以上にすごい人たちがいくらでも
存在するので「自分はすごいことができているんだ」という気持ちを
感じたことがなかったです。



それは、だれしも同じできっと小さい子でピアノを少し弾けるようになった
子でも、


「自分はすごい」

とは思えている子は少ないと思います。


でも、右手でメロディーを弾きながら、空いているその隙間に
左手で伴奏を入れることは、どの子も苦戦しています。


でも右手と左手をバラバラに動かすことができるのは案外すごいことなのかも?と
思えてとても新鮮な気がしました。


*:.*.:*:。∞︎。:*:.*.:*:。∞︎。:*:.*.:* 

また、その週は別の番組で「音大生あるある」みたいなのも面白おかしく
やっていました。


その中でハープ奏者が
「ハープとピアノは両手を使って演奏するから賢いんだ。」


とか、ネタでしょうけど言ってましたね。


「両手をバラバラに動かすのは当たり前」になっている
私たち。


それって、すごいことなんだ、へぇー


ピンとこないんだけど、普段感じることができない、ありがたみの
あるお言葉。


生徒さんたちにも「当然両手が弾けることを強要してしまい、
出来て当たり前、という態度を取ってしまいがちな自分もちょっと反省。


よく頑張っているよね、という気持ちを忘れないでいようと。


でも、どんどんいろんなことができるようになっていくといいね。






スポンサーサイト
Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

レッスン室の模様替え

2019/04/11 Thu 08:00

浅野みどり

レッスン室に使っている部屋は和室です。

壁の色が落ち着いたからし色っぽいのですが、
落ち着きすぎているし、飾るものを限定してしまうので
何年も植物のオブジェを飾っていました。


が、この度、10年続いたアジアンテイストをやめて北欧系にしたいな、と。



北欧風は、和室と相性が良いってよく聞くのですが、
白い壁なら良いけど、からし色とかあんまり渋い部屋には
どう合わせていいかわかりません。


レトロ感を生かした飾りが良いのかもしれないと思って
そういうのを探しました。


白壁でない和室に北欧風って難しいな、と思いましたが、
LECT蔦屋書店で「手紙舎」というイベントを発見。

キッチンの飾り棚みたいな絵が4枚1袋で売っていたんです。


薄い紙なので、もしかするとポスターではなく、包装紙だったのかも
しれませんが自宅とレッスン室と~ついでに実家のキッチンにも全部
ポスターにしてしまいました。


レッスン室のフォーカルポイントになってくれています。


からし色の壁にもしっくり合ってくれていて昭和の古い家にはこういうのが
似合うなぁ、と感心しているところです。


20190410092454e85.jpeg

もう少し時間があったら。自分でもイラスト描きたいな。

♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

当教室では月2回水曜日コースと
月3回(40分)木曜日コースの
生徒さんを若干名募集しています。

お問合せはメールフォームまたは電話にてお問合せ下さい。

TEL:090-9460-7100

Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

春休みのピアノ練習

2019/04/10 Wed 08:54

しだれ桜1
東広島市・八本松のピアノ、エレクトーン教室です。

春休みも終わり、ようやく学校ですね。


休みこそ、たっぷり練習時間が取れるだろうと思いきや
子供たちは遊ぶのが忙しく、なかなかピアノまでは手が回らないようです。


休み中はみんなぼんやりしていたり、遊びモード全開になっていたので
学校が始まると、シャキっと勉強モードに直ってしてくれて助かります。


しかし、今年はGWが10連休なので、ここでもまた春休みが!



遊びが忙しいと思いますが、練習をきちんとしてもらう方法を
考えておきたいと思います。


主婦の皆さんはごはん作り大変ではないですか?


私は1日3食、きっちり10日間ってハードワーク。
お休みで逆に消耗しそう。


朝は低血圧で包丁をもつと指を切ったり、やけどをしたりケガが
絶えないので、なるべく前の日の夜に材料を切っておき、朝は
煮るだけ、焼くだけにしています。


そうすると、夕食後の家事がハード。


どうすれば手抜きできるか、ということを日々熱心に
模索&研究しています。


・・・が、あまり手抜きもうまくないんです。


平日に戻ると、本当にホッとしてしまいます。


55944889_1513043642166310_8796285376613318656_n.jpg

5歳、6歳くらいから来てくれていた子たちも小学校高学年。
すでに中学校の部活が気になり始めています。

勉強が忙しくなるから、今のうちにしっかり練習しておいてくださいね。

 ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

当教室では月2回水曜日コースと
月3回(40分)木曜日コースの
生徒さんを若干名募集しています。

お問合せはメールフォームまたは電話にてお問合せ下さい。

TEL:090-9460-7100






Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

春のお稽古ごと

2019/03/27 Wed 01:23

桜2018
東広島市 八本松 ピアノ・エレクトーン教室です。

画像は昨年のものです。


コンデジからミラーレスカメラに変更したので、
昨年、自宅の近所をあちこち撮り歩きました。


小さめの一眼とはいえ、どこにでも持ち運びができるほど
軽くはないので、ふだんはそんなにミラーレスを持ち歩くことは
少なく、もっぱらスマホで撮ることが多いです。


この時期は卒業式も終わり、新しい習い事など検討されている
時期ですね。


今は習い事の種類が豊富で悩まれることも多いかと思います。


広島は、習い事の多さで有名なのだそうですね。
発祥はお隣の山口県が習い事に非常に熱心なところで、
広島もその影響があるのだとか。


ときどき平日は全部お稽古事で埋まっている子もいて
こちらも驚いてしまいます。


いっしょに吟味して、しっかり悩んで決めてくださいね。


ピアノに関していえば、KU◯ONのような「そこで勉強できる」
タイプのものではなく、おうちでの練習をするのが大前提です。


どうしても練習できなかった場合は、レッスンでやりますけれど、
課題を何曲かきちんと弾けるようになってからレッスンに来て頂く
ようにしています。



とくに最初のうちはドの位置もすぐには分からないですし、
楽譜を読むのも大変なので、おうちでしっかり慣れさせる
必要があります。


ですので、1日10分慣れたらどんどん時間を増やしていくことが
大事です。


時間がたくさん必要なので、それも考慮して頂ければ
助かります。

                     ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪

当教室では月2回水曜日コースと
月3回(40分)木曜日コースの生徒さんを若干名
募集しています。

お問合せはメールフォームまたは下記のアドレスにて
お願い致します。
       ↓
nicas.dream05@gmail.com




Blog | コメント(0) | トラックバック(0)

ビオラ
東広島市 八本松 ピアノ・エレクトーン教室です。



ふだんは野球をあまり見ないですし、詳しくないのですが、
イチロー選手は別格でいつも注目してみていました。


野球ファンでない人も魅了してしまうのが、イチロー選手の
すごいところ。


なので引退会見、衝撃でした。

話されるすべてのこと、ひとつひとつに
重みがあり、感銘を受けっぱなしで、

「仰ることはごもっともです」

と、自己啓発の如く食い入るように見ていましたが、
そういう方は多いのではないでしょうか?

どのお話しも興味深かったのですが、
会見の内容を一部抜粋させていただきます。


      ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


*記者*
イチロー選手の生き様でファンの方に伝わっていたら
うれしいということはありますか。


*イチロー*

生き様というのは僕にはよくわからないですけど、
人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

あくまで測りは自分の中にある。

それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界を見ながら
ちょっと超えていくということを繰り返していく。


そうすると、いつの間にかこんな自分になっているんだという状態になって。

だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと
思うんですよね。


一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップが
ありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。


地道に進むしかない。

進むというか、進むだけではないですね。

後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。

でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。


     ♪♫•*¨*•.¸¸♪♫•*¨*•.¸¸♪


これって、スポーツだけではなく、仕事や勉強、何かを頑張ろうと
思っているすべての人に共通する言葉だと思います。


この会見があった頃も、私はまだ自分と違う誰かと比べて
落ち込んだり悩んだりしていたので、


「あくまでもはかりは自分の中」

という言葉にハッとしました。

ついつい、人と比べて落ち込んでしまうというときはありませんか?
私は度々そんなことをしています。


分かってはいても、ハッと気づくとそんなことを考えていて、
その考えを打ち消すのが難しかったりします。

でも、そんなことをしてもたいして状況は良くならないのですよね。


「後退しかしないときもある」


天才が努力しているような人ですけど、それでも後退しか
しないときもあるんだ、という言葉。


本当は後退することもあるのに、それを受け入れられず、
前に進むことしか考えられない自分がいたりします。


後退するときがある、ということを忘れて、
焦ったり慌てたりするのではなく、「そういうときもあるんだ」と
落ち着いて考える。


「少しずつの積み重ね」
これは自分がピアノを弾くうえでも、レッスンを
始めた生徒さんに対しても言えること。


ピアノは右手と左手を別々に同時に動かす、という
難しいことを習得するので、決して簡単なことではないです。


そして弾く技術を身に着けるだけではなく、リズム感を添えたり、
自分の気持ちを表現しながら弾かなければいけないこともあります。



地道にコツコツ練習していけば、壁を超えていける
けれど、一気に高みに上がることはできないから、決して
短気になったりせず、辛抱強く挑戦していってほしいです。



今の自分にも大事なことだな、と改めて考えさせられる
会見でした。


それにしても。


答えづらい質問、意図のよみにくい質問ももたくさんあったのに、
即興で、大切なことをきちんとお話しされていたのには尊敬です。


一流の選手というのは頭のキレもハンパではないのですね。


皆さんは、どのような感想をお持ちでしたか?

Blog | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »